ワークマンの定番「撥水ライトプリーツスカート」に新色グリーンがお目見え! 秋らしくシックに使えそう

ワークマンの人気アイテム「撥水ライトプリーツスカート」に秋の新色「グリーン」が登場。落ち着いた色合いで、季節や年齢を問わずに使える色ではないでしょうか。サイズ感や撥水性など詳しくみていきましょう。

ワークマンの「撥水ライトプリーツスカート」(画像は全て筆者撮影)

ワークマンから秋冬の新作アイテムが続々発売されています。その中で秋色のスカートを見つけました。もうワークマンの定番商品と言ってもよさそうな「撥水ライトプリーツスカート」です。今期は新色の「グリーン」が出ていますよ。

 

秋色のグリーンがシック! でも季節を問わず使える色

秋色の「グリーン」だけれど、実は季節を問わず年中使える落ち着いた色

ワークマンの「撥水ライトプリーツスカート」の新色「グリーン」は、派手な明るさではなく、落ち着いた色合いです。モスグリーンほどの落ち着きはないのですが、季節や年齢を問わずに使える色ではないでしょうか。特に秋になると少しシックな色合いの服を着ることもあって、これからの季節に最適です。

 

ウエストゴムで楽チン

ウエストはゴムなので、サイズに余裕が出る

スカートをはくときに気になるのがウエスト。ジャストサイズが一番きれいなシルエットになるのでしょうけれど、トップスをインすることもあって、多少余裕も欲しいところです。そうなるとウエストがゴムのスカートは重宝しますよね。ワークマンの「撥水ライトプリーツスカート」はウエストがゴムで、対応サイズも広めです。

 

Mサイズのウエストサイズは65cm〜77cm

今回筆者はMサイズを購入したのですが、ウエストサイズは65cm~77cmとなっていました。12cmの余裕があるので、トップスインもできます。

 

相変わらずの高撥水

水が玉になって動く

高撥水で知られるワークマンの衣類。「撥水ライトプリーツスカート」も例外ではありません。このシリーズはずっと撥水加工がされているのですが、今回も変わらずの撥水効果でした。
 

水をかけると玉になってスカートの上を動きます。その後も濡れないので、さすがワークマン! と思ってしまいますね。

 

洗濯をしてもすぐ乾く

洗濯をしても乾きが速い

洗濯をして、すぐに乾くかどうかも重要なポイントです。天気が悪い時には洗濯物が気になりますからね。ワークマンの「撥水ライトプリーツスカート」に関しては、洗濯した後の乾きが速いです。天気がよくて風がある日であれば、朝洗濯をしたらお昼には完全に乾いていますよ。

 

裏地がないので冬は厳しいかもしれない

裏地がないので寒い冬は対策が必要になるかもしれない

秋色のグリーンは、冬場でも使える落ち着いた色合いなのですが、ワークマンの「撥水ライトプリーツスカート」には裏地が付いていません。また生地が少し薄手になっているので、冬場は寒さに負けてしまうかもしれません。タイツをはけばしのげるかもしれませんが、静電気が気になってしまいますね。もし冬場にはくのであれば、ペチコートなどを使うとよいかもしれません。
 

ワークマンの「撥水ライトプリーツスカート」は1900円(税込)です。ワークマン公式サイトの2022年秋冬コレクションのカタログではでは10月発売予定と書かれていますが、お店によってはすでに入荷しています。またグリーンの他に「チェック」も新色として販売されています。その他に定番の「ブラック」「ベージュ」もありますから、気になる人はお店に行ってみてくださいね。
 

【おすすめリンク】
ワークマンの「パウダミックアンクルパンツ」が超万能! リラックス感満載なのに外出時も使える
ワークマンの人気「撥水ライトプリーツスカート」に新色ブルーグレーが登場! 梅雨時季にも活躍しそう
ワークマンのランニングシューズってどう? 「マンダムフライギア」をウォーキングで使ってみた
ワークマンの「防水デイバッグ」は普段使いにもおすすめ! お値段以上に高機能
ワークマンの「レディースストレッチライトパンツ」は寒がりさんにこそ使って欲しい。その理由とは
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた