ワークマンの「パウダミックアンクルパンツ」が超万能! リラックス感満載なのに外出時も使える

ワークマンの「レディースパウダミックアンクルパンツ」がリラックス時に最適。でも、実は外出時に使っても問題なし。いつでもさっと履けるので、1本持っていると重宝しますよ。

ワークマンの「レディースパウダミックアンクルパンツ」(画像は全て筆者撮影)

ワークマンの「レディースパウダミックアンクルパンツ」は、ゆったりシルエットでリラックス時に使えるパンツです。でも実際にはスタイリッシュなイメージにもなるので外出時に使っても問題なし。いつでもさっと履けるので、1本持っていると重宝する万能パンツなのです。
 

太もももウエストも、ゆったりしていてストレスフリー

太もも部分もゆったりめ

「レディースパウダミックアンクルパンツ」は太もも部分が太めにデザインされていますし、生地がポリエステルなので肌への張り付きがありません。

ウエストはゴム仕様。紐で調整する

ウエストはゴムが入っていて、伸び縮みします。締め付け感が少ないので、部屋着として使っている人も多いのではないでしょうか。
 

裾を絞るとスタイリッシュなイメージに

裾にマジックテープがあり、絞ることができる

裾部分にマジックテープがついていて、絞ることができます。絞らない状態ならワイドパンツのようになりますし、絞るとスタイリッシュな印象になります。

裾を絞ると、すっきりとした印象になる

また裾が絞れると、自転車に乗りやすいと知人が言っていました。子どもを幼稚園に自転車で送っていくときに、裾がバサバサしないのでペダルを漕ぎやすいですし、安全なのだそうです。
 

高撥水で雨が降っても安心

水がきれいに流れていく

撥水加工がされているので、水をはじきます。ワークマンの商品の多くに撥水加工がされているので、もはや加工がない商品の方が少ないのでは?と思うほどですよね。ワークマンでは当たり前になりつつある高撥水。「レディースパウダミックアンクルパンツ」も例外ではありません。写真は水をかけています。流れるように落ちていきました。

 

サイズは少し大きめ?

全体的にゆったりしている

筆者が購入したのはMサイズ。股下は62cmです。ウエストは65cm〜77cmと幅が広く、紐で調整します。全体的にゆったりとしているので、人によってはサイズが大きいと感じてしまうかもしれません。他にL、LLがあるので、近くにお店があるならば試着をおすすめします。
 

「レディースパウダミックアンクルパンツ」は2022年春夏の新作で、色はグリーン、テラコッタ、ブラック、ブラウンの4色です。筆者が購入したのはテラコッタ。くすんだオレンジ色のような色合いで、ちょっと渋めです。他の色もパッとした派手さはないので、年齢を問わずに使えそうですよ。価格は1900円(税込)です。
 

【おすすめ記事】
ワークマンの1900円「ジョブラックパンツ」は黒が色あせしにくい優秀アイテム!
ワークマンのロングスカートの形が想像以上にすてきだった! 「パウダミックスカート」の実力は?
ワークマンの「アクティブカーゴジョガーパンツ」は、デニム素材でカジュアルに
ワークマンの「防水デイバッグ」は普段使いにもおすすめ! お値段以上に高機能
ワークマンの人気「撥水ライトプリーツスカート」に新色ブルーグレーが登場! 梅雨時季にも活躍しそう
 

【関連リンク】
ワークマン

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在