ワークマンの「アクティブカーゴジョガーパンツ」は、デニム素材でカジュアルに

以前、ワークマンの「アクティブカーゴジョガーパンツ」のブラックを紹介したのですが、実は色違いでダークブルーとミッドブルーがあります。筆者はこのシリーズが好きで、色違いで持っています。そこで今回はデニム素材の「アクティブカーゴジョガーパンツ」のミッドブルー・ダークブルーをレビューします。

ワークマンの「アクティブカーゴジョガーパンツ」、デニム素材。画像は「ミッドブルー」。(画像は全て筆者撮影)

以前、ワークマンの「アクティブカーゴジョガーパンツ」のブラックを紹介したのですが、実は色違いでダークブルーとミッドブルーがあります。筆者はこのシリーズが好きで、色違いで持っています。そこで今回はデニム素材の「アクティブカーゴジョガーパンツ」(以下、ジョガーパンツ)のミッドブルー/ダークブルーをレビューします。
 

カジュアルで細身のパンツ

裾は半分がゴム(ミッドブルー)

デニム素材の「ジョガーパンツ」は、比較的細身のパンツです。また裾部分は半分がゴムで細く絞られているので、見た目もスッキリします。
 
カジュアルな印象に(ダークブルー着用)


でもデニム素材なのでカジュアルな印象になりラフな雰囲気になってきます。

 

股部分とウエストにリブがあり動きやすい

股部分はリブになっている(ミッドブルー)

股部分はリブになっているので、足を動かしやすいです。日常では足を大きく開くことはあまりないかもしれませんが、例えば登山で足を開くようなことがあっても対応できそうです(極端な例ですが)。
 
ウエストもリブ(ミッドブルー)

またウエスト部分もリブになっています。伸びるので、少し食べ過ぎてしまっても安心です。ウエストには紐が付いていて、サイズの調整ができます。
 

ストレッチ性も抜群

ストレッチ性も抜群(ダークブルー)

「ジョガーパンツ」は高いストレッチ性があります。腰を落としやすいですし、膝を曲げたりするのもスムーズ。このストレッチ性が活躍するのは、普段から家事や育児で腰を落とす機会が多い人ではないかと思います。
 

深いポケットにはスマホを入れられるけれど

スマホは入るが形が浮き出てしまう(ダークブルー)

両サイドにポケットが付いていて、スマホを入れることができます。深さがあるのですっぽりと入りますが、そのままの形で浮き出てしまうのはちょっと難点です。スタイリッシュに着こなすのであれば、足のポケットは使わない方が良いかもしれませんね。
 

1900円はお得

作りがしっかりしていてはきやすいので使う回数も多くなる(ダークブルー)


「ジョガーパンツは、税込1900円で販売されています。ストレッチ性があってはきやすいデニムのパンツは他のメーカーにもありますが、この価格で手に入るのはワークマンならではかも。
 

ワークマンは価格に加えて、商品の作りがしっかりしているのも魅力の1つと言えるでしょう。今のところ、筆者の場合、購入した商品がすぐにダメになってしまうような経験はしていません。ヘビロテ使いもできるので、コスパは非常に良いと思います。



【おすすめ記事】
ワークマンの「レディースストレッチライトパンツ」は寒がりさんにこそ使って欲しい。その理由とは
「#ワークマン女子」が銀座に進出! 銀座イグジットメルサ店が4月28日オープン
ワークマンの足がスッと入るシューズが使いやすい! ピンク色でおしゃれ度アップ
ワークマンの2022年モデル「ワークスーツパンツ」をレビュー! ビジネスでもカジュアルでも使える万能さ
ワークマンの「アクトガウンフーディ」が優秀! さっと羽織れてロングシーズン使える予感



【関連リンク】
ワークマン

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望