ワークマンの「撥水ライトプリーツスカート」。色はブルーグレー(画像は全て筆者撮影)

2021年にワークマンから発売され話題となった商品の1つに「撥水ライトプリーツスカート」(以下、プリーツスカート)があります。ある意味、ワークマンらしからぬアイテムですが、色合いや揺れ感がかわいいと評判に。2022年は4月に新色「ブルーグレー」も加わり、またしても話題になりそうです。
 

少しくすんだブルーが大人っぽい

少しくすんだブルー


ワークマンのプリーツスカートは、新色「ブルーグレー」が加わり、ベージュ、ピンク、ブラックを含め4色展開になっています。※オンラインストアでは記事執筆の4月15日現在ベージュ、ピンク、ブラック、ブルーグリーンの4色
 

2021年に買おうと思っていたらあっという間に品切れになってしまったので、2022年は早々に狙っていました。そして新色のブルーグレーを購入。ブルーグレーは、一般的に言われる水色が少しくすんだような色合いです。派手さはなく、かといって淡いパステル調というわけでもありません。落ち着いた雰囲気が出るブルーです。
 

プリーツの程よい揺れ感がかわいらしい

歩くと裾が揺れる


ワークマンのプリーツスカートは比較的細かいプリーツが入っているので、歩く度に裾が揺れます。

 
張りのある生地だが、体の動きに合わせて動く


生地には張りがありますが決して固くはなく、体の動きに合わせるように自然な揺れになります。
 

生地はポリエステル100%で裏地はありませんが、タイツを履いても足にまとわりつく感じは、ほとんどありませんでした。ただ20分程度歩き続けると、だんだん静電気が起きてきて、足にくっつきやすくなりました。タイツが必要ない時期ならば、このような心配はなさそうです。
 

水をはじくから梅雨時季にも使える

水をはじくので小雨程度なら対応できそう


撥水加工がされているので、小雨程度であれば雨をはじいてくれます。実際に水を垂らしてみたところ、玉のようになってプリーツスカートの上を転がっていました。とはいえ防水ではないので、大雨の時には対応しきれないこともあります。
 

気になるサイズ感

ウエストはゴム。紐で調節する


気になるサイズ感ですが、ウエストはゴムが入っていて、紐で調整が可能です。ちょっと食べ過ぎてしまったなという時でも安心ですね。

 
身長160cmの女性が着用


丈は長めのように思います。筆者は身長160cmでMを選びました。丈は80cmあり、足首が少し見えるくらいの長さです。身長によってはかなり長めになってしまうので、可能ならば試着をおすすめします。
 

パッカブルでコンパクトになる

ポケットを使ってスマートを収納できる


旅行などに持っていくならば、コンパクトにたたんでしまいましょう。ポケット部分が袋になるパッカブルタイプなので、ここにスカートを入れられます。

 
クルクル丸めていくとシワに折り目が付きにくい


折りたたむというよりは、クルクル丸めて入れた方が折り目がつきにくいのでおすすめです。
 

ワークマンのプリーツスカートは、1着1900円。先ほども紹介したように、カラーラインナップは新色のブルーグレー、ピンク、ベージュ、ブラックの4色です。サイズはM、L。2022年も人気になりそうなアイテムなので、要チェックですね。


【おすすめ記事】
ワークマンで見つけた1500円の優秀エプロン! 家事中の“あるある”ストレスを解消
ワークマンのロングスカートの形が想像以上にすてきだった! 「パウダミックスカート」の実力は?
ワークマンのデニム風スカートが抜群の使いやすさ! 色違いでほしくなる4つの理由
ワークマンの「ガーデニングサロペットスカート」は普段使いもできておしゃれ!
ワークマンの「ヨゴレニクイ長袖Tシャツ」ははっ水加工がされたバスクシャツ。キッチンや子育てで実力発揮!?


【関連リンク】
ワークマン(カタログ)