ワークマンの「ヨゴレニクイ長袖Tシャツ」ははっ水加工がされたバスクシャツ。キッチンや子育てで実力発揮!?

ワークマンから「サーバーバスクシャツ」が発売になっています。作業服やアウトドアとも印象が違い、カジュアルに着こなせるのでは? オールシーズン使える長袖Tシャツなので、出番も多くなりそうです。

ワークマンの「サーバーバスクシャツ」(画像は全て筆者撮影)


ワークマンから「サーバーバスクシャツ」が発売になっています。作業服やアウトドアとも印象が違い、カジュアルに着こなせるのでは? オールシーズン使える長袖Tシャツなので、出番も多くなりそうです。

 

ボーダーのバスクシャツで、おしゃれ度アップ

オフとネイビーのボーダー柄

筆者が購入した「サーバーバスクシャツ」は、オフとネイビーのボーダー柄です。オフは、オフホワイトや生成りのような色なので、真っ白よりは少し柔らかい印象になりますね。
 
定番のボーダー柄はパンツやスカートとも合わせやすい


ボーダー柄のバスクシャツは、他のメーカーからも発売されている定番の柄。どんなスカートやズボンにも合わせやすいのが特徴でしょう。

 

はっ水加工で「ヨゴレニクイ」

はっ水加工がされている

サーバーバスクシャツのタグには、「ヨゴレニクイ長袖Tシャツ」と書かれています。素材は綿100%ですが、はっ水加工が施されているためです。
 
水はほどんど染み込まない

実際に水を垂らしてみたところ、ほとんど染み込むことはありませんでした。キッチンで料理や洗い物をするときに、はっ水効果を実感しそうですね。

他にも小さい子どもがいるママにもおすすめ。子どもにご飯を食べさせているとき、洋服に食べ物の汁などが付いてしまうことがありますよね。サーバーバスクシャツを着ていれば、液体をはじいてくれるので便利です。
 

透け感はない

透けないから薄着をしても安心

サーバーバスクシャツは比較的しっかりとした生地で、透け感はありません。写真は内側に手を入れています。透けることがないので、薄着をしても安心。

 

10回洗濯。襟元はヨレヨレになっていない

襟は伸びにくい

バスクシャツで気になるのは、襟が伸びてしまうこと。何度も洗濯をすると、次第に襟がヨレヨレになってしまうことがありますよね。

ワークマンの「サーバーバスクシャツ」は、10回ほど洗濯をしても、今のところヨレヨレにはなっていません。今後、さらに洗濯を繰り返すとどうなるか、もう少し様子を見たいと思います。

サーバーバスクシャツは980円(税込)です。他のメーカーでも1000円前後のバスクシャツはありますが、ワークマンのようにはっ水性のあるシャツは多くないでしょう。雨が降ったときや梅雨の時期にも役立つことを考えると、コスパ最高と言えるのではないでしょうか。



【おすすめ記事】
780円でコスパ最強説!? ワークマンの「サイドポケットTシャツ」がさらっと生地で使いやすい
ワークマンのロングスカートの形が想像以上にすてきだった! 「パウダミックスカート」の実力は?
「#ワークマン女子」が銀座に進出! 銀座イグジットメルサ店が4月28日オープン
ワークマンの「アクティブカーゴジョガーパンツ」は、デニム素材でカジュアルに
ワークマンから「レディース撥水ワンピースギンガム」が発売! ウエストが調整できてかわいい



【関連リンク】
ワークマン
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは