ワークマンのデニム風スカートが抜群の使いやすさ! 色違いでほしくなる4つの理由

ワークマンの「レディースウォームキャンプスカート」をはいてみました。普段あまりデニム風のスカートをはかない筆者でも、これは色違いで欲しくなるほど。想像以上に優秀でした。

ワークマンの「レディースウォームキャンプスカート」(画像は全て筆者撮影)


ワークマンの「レディースウォームキャンプスカート」をはいてみました。普段あまりデニム風のスカートをはかない筆者でも、これは色違いで欲しくなるほど。想像以上に優秀なアイテムです。その理由を4つ紹介します。
 

1. 裏起毛で温かい

裏起毛の素材


「レディースウォームキャンプスカート」は、表地はデニム調ですが、裏地は裏起毛になっています。見た目はそれほど厚手ではないのですが、実際にはいてみると温かさを感じます。
 

また裏起毛の悩みの1つ静電気ですが、タイツをはいてもそれほど静電気が起きません。スカートが足にくっついてしまうことがないので、歩きやすいです。
 

2. かなりのストレッチ。動きやすい

ストレッチが効いている

もともとタイトなシルエットで後ろにスリットが入っているとはいえ、写真のように足を開くことができます。
 
素材は綿65%、ポリエステル33%、ポリウレタン2%

素材が綿65%、ポリエステル33%、ポリウレタン2%でかなりストレッチが効いています。
 
腰を落としても問題なし


腰を落としたときでもスカートが伸びるので、裾が上がってしまうことがありませんでした。掃除のときも安心です。
 

3. ウエストゴムでちょっと食べすぎても安心

ウエスト部分は一部がゴム入り


ウエストの一部分にゴムが入っているので、多少ゆとりがあります。筆者が購入したのはSサイズですが、60〜72cmと対応幅が広いので、ニットをインすることもできます。
 

これなら、ちょっと食べすぎてもゴムが伸びるので「ウエストがきつい……」というのも避けられそう。これもありがたい点ですね。
 

4. 大きなポケットでスマホがすっぽり。お買い物のときにとっても楽

とにかくポケットが多い

「レディースウォームキャンプスカート」はポケットの多さにも注目です。まずお尻の部分に2つ、そして左サイドにはボタンで閉じられるポケットと、その上に小さなポケットが1つ。右サイドにはファスナー付きのポケット、深くて大きなポケット、その上に2つのポケットがあり、合計8つのポケットがあります。
 
ポケットに手を入れられる

ポケットが深いので、手を入れることもできます。
 
スマホがすっぽり入る


このポケットが最も役立つのは、買い物のときです。筆者はレジでの支払いはスマホ決済が多いので、会計の度にバッグからスマホを取り出すのが面倒。そこでスマホを右の大きなポケットに入れることにしました。
 

レジでの支払いでもスマホをサッと取り出せますし、何より探す手間がなくなりました。特にショッピングモールでの買い物など、スマホを取り出す回数が多いときには本当に楽と感じます。
 

スマホはすっぽりと入るので、歩いているだけでは失くすことはありません。ただトイレに入るときにはポケットからスマホが出てしまうことがあるので、要注意です。
 

ワークマンの「レディースウォームキャンプスカート」は、1枚1900円(税込)。サイズはS、M、Lで展開されています。色に関しては、筆者はアンティークブルーを買ったのですが、他にグレーとアンティークネイビーがあります(グレーは素材がポリエステル56%、綿42%、ポリウレタン2%)。
 

店舗によっては品切れになっていることもあるかもしれませんが、冬でもスカートをはきたいならばおすすめのアイテムです。



【おすすめ記事】
ワークマンの「レディースストレッチライトパンツ」は寒がりさんにこそ使って欲しい。その理由とは
ワークマンの人気アウターを着てみた! くすみカラー、とにかく軽いなど、おすすめポイント3つ
ワークマンの「裏フリースダウン風スリッポン」は室内でも大活躍!
ワークマンの「リバーシブルネックウォーマー」が普段使いに最適な3つの理由
ワークマンの「裏アルミカーディガン」は、汗をかくほどの保温力。真冬の必需品になる予感


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴