ワークマンの「レディースダイヤフリースカーデガン」(画像は全て筆者撮影)」


朝晩は冷え込むことが多くなってきて、そろそろ本格的な冬支度が始まります。寒さをしのぐアイテムとして、ワークマンにもたくさんの商品が並ぶようになりました。筆者も早速、ワークマンで寒さ対策のアイテム「レディースダイヤフリースカーデガン」をゲットしてきました。
 

ワークマンの「レディースダイヤフリースカーデガン」、色はダイヤダルグレーをチョイス

今回ワークマンで購入したのは「レディースダイヤフリースカーデガン」。ワークマンのオンラインストアで見つけて、店舗に買いに行きました。カラーはダイヤオフホワイト、ダイヤダルベージュ、ダイヤダルグレー、ダイヤダルピンク、ダイヤダルカーキの5色展開です。
 

筆者はダイヤダルグレーとダイヤダルピンクですごく迷い、汚れが目立ちにくそうという理由でダイヤダルグレーにしました。
 

もこもこの「ダイヤフリース」

ふんわりモコモコしているダイヤフリース生地


「レディースダイヤフリースカーデガン」の外側は、ダイヤフリース生地が使われています。触ってみるとふっくらしていて、思わず頬をくっつけて、すりすりしたくなるほどの柔らかさ。どことなく、しっとりした感触です。
 

裏地が最大の特徴

裏地のアルミプリント

最大の特徴は、裏地にある「アルミプリント」です。
 
遠赤外線を反射するから温かい


遠赤外線を放射するので、じんわりと温かさが伝わってくるのです。10月の終わりの時点で「レディースダイヤフリースカーデガン」を着てみたところ、背中に汗がにじんでしまいました。そのくらい温かいです。
 

Lサイズを着たときのイメージ

身長155cmの人がLサイズを着たときのイメージ

筆者はLサイズを購入しました。身長155cmの普通体系で、下にはロングTシャツを着ています。ゆったりとしているので、スウェットなどを着ても大丈夫そうです。
 
丈は短めのデザインなのかもしれない


裾はお尻の上辺りまでありました。身長155cmでLサイズを着てお尻が隠れないので、丈が短めのデザインなのではないでしょうか。
 

襟元はちょっと寒いかもしれない

「レディースダイヤフリースカーデガン」は襟元がすっきりしているので、コーディネイトがしやすいと思います。一方で、このままでは襟元が寒くなってしまう可能性も。マフラーやストール、ネックウォーマーなどを使った方が良いかなと思いました。
 

裏アルミだからこそ、洗濯には注意

洗濯の仕方などの注意点がタグに書かれている

裏地にアルミプリントを使っているので、洗濯をするときには注意が必要です。洗濯タグが付いているので、まずはしっかりと確認しましょう。
  • 洗濯機を使わずに手洗いをする
  • 洗剤は蛍光増白剤が使われていないものを選ぶ
  • 洗濯後は弱く絞った後で、日陰で吊り干しをする
  • タンブラー乾燥は避ける
  • 洗うときには、ファスナーやボタンを閉じる


洗濯に関しては、洗濯タグに記載があります。
 

その他の注意事項は?

強い摩擦や汗や雨などで長時間湿った状態で保管すると、アルミプリントが剥離や変色することもあります。また、アルミプリントは素材の特性上、銀色の粉が手や服などに付くことも。そして金属アレルギーのある方は、着用を避けましょう。
 

ワークマンの「レディースダイヤフリースカーデガン」は、背中の部分にアルミプリント加工がされていて、冬場に大活躍するアイテムです。値段は1900円(税込)。サイズはS、M、L、LLがあるので、普段の服装をイメージしながら選んでいくと良さそうです。
 

 

【おすすめ記事】
2021年もバカ売れの予感!? ダイソーのうさぎ型「ミニ加湿器」はかわいいだけじゃない!
カルディから「りんごバッグ」が発売! 大容量のバッグとシードル、カップ、お菓子のセットでとってもお得
電気を使わないドラム式全手動洗濯機「ぐるぐるぶんまわ槽」が登場! 7980円
ワークマンのワンタッチで開閉する傘が話題! 実際に使って気づいた、とってもありがたい細かい工夫
ワークマンの「ガウチョパンツ」が楽ちんすぎる! 風が入って涼しく、水もはじく優秀さ



【関連リンク】
ワークマン