ワークマンのランニングシューズってどう? 「マンダムフライギア」をウォーキングで使ってみた

ワークマンのシューズと言えば、真っ先に作業用の安全靴や冬場の暖かいブーツを想像しますが、実はランニングシューズも販売しています。機能性が良い商品を扱うワークマンに並んでいるので、きっと使いやすいはず。そんな期待を込めて使ってみました。

ワークマンの「マンダムフライギア」(画像は全て筆者撮影)


ワークマンのシューズといえば、真っ先に作業用の安全靴や冬場の暖かいブーツを想像しますが、実はランニングシューズも販売しています。機能性が良い商品を扱うワークマンに並んでいるので、きっと使いやすいはず。そんな期待を込めて使ってみました。

 

「マンダムフライギア」を作っているのは地下足袋のパイオニア

丸五が製造​

ワークマンのランニングシューズ「マンダムフライギア」です。製造を手掛けるのは丸五。地下足袋や安全スニーカー、手袋などのリーディングカンパニーです。老舗メーカーのノウハウを生かして作られた多機能ランニングシューズが「マンダムフライギア」ということですね。
 

クッション性は弱い印象

クッション性は弱い

実際に履いてみて感じたのは、ソールのクッションが硬いということでした。ソールが柔らかくなっているシューズがたくさんある中で、珍しいなと感じました。
 
ソールはしっかり曲がる

とはいえ、曲がりにくいことはありません。地面を蹴るときには、ソール部分もしっかり曲がります。
 
EVAミッドソールがかかとの衝撃を軽減


また硬くは感じるものの、衝撃を吸収してくれないわけではありません。EVAミッドソールが、1番最初に着地をするかかとの衝撃を軽くしてくれます。
 

軽いので足運びが楽

「マンダムフライギア」は軽めに設計されたシューズです。足を入れて歩いていても、重さをほとんど感じません。長く歩く場合には、靴の重さがじわじわと感じられるようになるもの。少しでも足運びを楽にしたいなら、軽量の靴を選びたいですね。
 

通気性が良くて蒸れにくい

通気性が良い


靴を履いていると、だんだん蒸れてくることはありませんか? 特に運動をしているときには、足裏に汗をかいてしまい不快さもアップ。でもマンダムフライギアは、足裏部分にベンチレーションを搭載していて通気性を高めています。筆者は靴下を履いてウォーキングをしていますが、暖かい日には足汗をかくこともあります。それでも不快さを感じずに歩けているのは、この通気性のおかげなのでしょう。
 

再帰性の反射材で夜間のランニングやウォーキングでも安心

マンダムフライギアには、再帰性反射材(※)が使われています。これは一般的な反射とは違って、光がどんな角度で当たっても、光源に向かってそのまま反射するようになる反射方法です。例えば車のヘッドライトが当たればそのまま車に向かって反射されます。そのため夜間にランニングやウォーキングをする場合でも、車の運転手に人がいることを気づいてもらえます。

※参考記事:一般社団法人 日本反射材普及協会「反射材とは」
 

一般的なランニングシューズよりも価格は抑えられている

価格は、3900円(税込)

マンダムフライギアの価格は3900円(税込)です。ワークマンのシューズは2000円以内で買えるものが多いので、ちょっと高いなと感じてしまうかもしれません。でも一般的なランニングシューズは、もっと値段が高いですよね。1万円を超えてしまうものもあるほど。もちろん機能性に違いはあるのでしょうけれど、軽く運動することを目的としている筆者にとってはマンダムフライギアで満足できています。

ランニングシューズはクッション性や履き心地など、好みが大きく分かれることも少なくありません。また価格にも大きな違いがありますよね。そのような中でも価格や履き心地を踏まえて、ワークマンの「マンダムフライギア」を使ってみても良いかもしれませんね。



【おすすめ記事】
SNSでも話題! ワークマンの「防水サファリシューズ」は雨や雪に備えて持っておきたい1足
ワークマンの足がスッと入るシューズが使いやすい! ピンク色でおしゃれ度アップ
400円以下とは思えない! ワークマンの「防曇タイプ 作業メガネ」は家事でも使いたい逸品
ワークマン「エクストラガードのグローブ」はアウトドアでも大活躍! 防寒防風と丈夫さに注目
「#ワークマン女子」が銀座に進出! 銀座イグジットメルサ店が4月28日オープン


【関連リンク】
ワークマン
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在