ワークマンの足がスッと入るシューズが使いやすい! ピンク色でおしゃれ度アップ

ワークマンのシューズは、季節に応じて色々な工夫がされている人気アイテム。春が近づき足元も軽やかにしたいなら「レディースファイングリップシューズ」がおすすめです。春色「フラミンゴ」も登場していますよ。

ワークマンの「レディースファイングリップシューズ」(画像は全て筆者撮影)


ワークマンのシューズは、季節に応じて色々な工夫がされている人気アイテム。春が近づき足元も軽やかにしたいなら「レディースファイングリップシューズ」がおすすめです。春色「フラミンゴ」も登場していますよ。 
 

紐なしで足を入れやすい

ひもがないから足を入れやすい


「レディースファイングリップシューズ」には、靴ひもがありません。伸びる素材なので、足をすっと入れることができます。逆に脱ぐ時も楽。これだけスムーズに着脱ができると、脱げてしまうのでは?と心配になりますが、履いてみると足の甲にフィットしてくれます。歩いている途中で脱げてしまうことはありませんでした。
 

クッション性と滑りにくさがある

底部分はクッション性がある


歩いてみて感じたのは、クッション性の良さ。少しふわふわした感じがするのです。歩きにくさはなく、地面をしっかり蹴ることができます。

滑りにくい靴底

靴底は滑りにくい設計になっているので、例えば濡れているウッドデッキや、雨の日のスーパーなどのお店(床がぬれて滑りやすいのです!)の中でも安全に歩けそうです。
 
玄関先がぬれていても滑りにくい


雨の日の玄関先も意外と滑るので、「レディースファイングリップシューズ」を履いていれば安心です(写真は玄関先のイメージ。晴れの日に撮っています)。
 

靴底はしっかり曲がる

靴底はしっかり曲がる


靴底が滑りにくくなっていると、曲がりにくいかなと思いましたが、この点は問題なし。足をグイッと曲げることもできます。
 

幅が広め

靴の幅は広め


筆者は足の幅はそれほど広くはないのですが、足の甲部分が広めの知人は、履ける靴が少ないと嘆いていました。そんな知人でも「レディースファイングリップシューズ」は履けました。靴幅がEEE(やや幅広)設計になっているので、足の甲に余裕が感じられるそうです。※個人差はあります
 

色がかわいい

ピンク系の「フラミンゴ」という色


筆者が購入したカラーはピンク色の「フラミンゴ」です。春先や、足元を明るくしたい場合でも、このような色合いは使えますね。汚れが目立ちやすいかなとは思ったのですが、ガンガン洗えるので大丈夫そうです。
 

「レディースファイングリップシューズ」は1足1900円(税込)。筆者は普段23cmの靴を履いているので、サイズはM(23.0~23.5cm)を選びました。他にS(22.0〜22.5cm)とL(24.0〜24.5cm)があります。
 

店舗によっては品入れになっているかもしれませんが、暖かくなる季節に向けてすっきりと履ける「レディースファイングリップシューズ」は、おすすめアイテムです。



【おすすめ記事】
ワークマンの「フリースグローブ」は散歩にガンガン使える! 3つのおすすめポイントは?
SNSでも話題! ワークマンの「防水サファリシューズ」は雨や雪に備えて持っておきたい1足
ワークマンの「カーゴジョガーパンツ」がびっくりするくらい履きやすい! 座っても走っても邪魔にならない快適さ
ワークマンの「エアロストレッチベスト」は、薄手で春先まで活躍する予感! 家事やデスクワークにも最適
ワークマンの「レディース DSLプルパーカー」はほんのり暖かい。ラベンダー色で春を先取り!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在