『純愛ディソナンス』第9話 “加賀美”眞島秀和の再登場で考察再燃「いよいよ核心⁉」「伏線回収ワクワク」の声

9月8日に放送されたドラマ『純愛ディソナンス』(フジテレビ系)第9話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『純愛ディソナンス』公式サイト)。

中島裕翔さん、吉川愛さんが愛憎うごめく周囲に翻弄されつつ純愛を貫くドラマ『純愛ディソナンス』(フジテレビ系)。9月8日に放送された第9話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

純愛ディソナンス
画像出典:フジテレビ『純愛ディソナンス』公式サイト

 

第9話のおさらい

正樹(中島裕翔)が講師として働く予定だったピアノ教室の壁に、正樹と冴(吉川愛)の過去を中傷する落書きを書いた慎太郎(髙橋優斗)。問い詰める冴を、慎太郎を壊したのは冴自身だと非難する莉子(畑芽育)。慎太郎は自分がやったことにケリをつけると言い、シェアハウスに立ち退きの話が出ていることを明かします。
 

正樹はピアノ教室の経営者に謝罪し弁償すると申し出ますが、冴が母から金を借りて既に弁償代金は支払われていたことを知ります。一方、モノリスエステート社長で元義父・賢治(光石研)から愛菜美(比嘉愛未)が行方知れずになっていると報告を受け、さらに北都(和田正人)が冴が暮らしているシェアハウスの立ち退きを進めている張本人だと知ります。冴を守るため、賢治がつぶしたがっている路加(佐藤隆太)の弱みを探る正樹。
 

そうと知らない冴は、何も言ってくれない正樹への不信感を隠しきれず。互いに想い合う気持ちは強いものの、言葉が足りない正樹と冴はすれ違い喧嘩をしてしまいます。そんな折、路加が愛菜美を探し出して連れ戻し、正樹にもう一度ちゃんと話をしてやれと助言。正樹は愛菜美としっかり話して別れます。別れ際、正樹の背中にすがりつく愛菜美の姿を目撃した冴はショックを受けます。
 

自信がないと本音を吐露する冴に対し、禁断の恋にうしろめたさを感じつつも、どうしようもなく好きで仕方がないと告白する正樹。2人は想いを確かめ合い、かたく抱きしめ合います。ようやく結ばれたかに見えた2人ですが、冴がアルバイトに向かうと、コアスパークでは顧客情報が流出したと大混乱。さらに正樹の元には服役中の加賀美(眞島秀和)から不吉な手紙が届いて――。

 

純愛ディソナンス
画像出典:フジテレビ『純愛ディソナンス』公式サイト

 

加賀美登場で考察再燃……5年前の事件につながる?

気持を押し殺すのをやめたほうがいいと元妻・愛菜美から助言を受けた直後に、冴に対し最大限の本音で想いを伝えた正樹。Twitterでは「冴ちゃんの『今の録音しておけばよかった』が言い方も顔も何もかも可愛すぎる。新田先生のお前呼びが死ぬほど萌える」「愛菜美とのシーンも泣けた。あれが彼女とのラストシーンなら綺麗に終われそうだけど、どうなるかなw」「ねえまだ?まだなの?冴と正樹、もうそろそろ結ばれてどこかで幸せに暮らしてほしいんだけど?」などのコメントが寄せられています。
 

一方、ラストシーンで加賀美が再登場し、ミステリー考察にも再び盛り上がりの兆しが。「きたきた!惹きこまれた1話と同じ展開!」「10話予告で冴ちゃんを屋上で追いつめてるの誰⁉ 伏線回収すぎてすごい」「今回、冴ちゃんの同級生たちが再登場したのは、いよいよ核心に迫ってきたかな?とワクワク」「いよいよ加賀美さんが出てきて、晴翔くんの目的も分かるのかな?」「北都の電話相手ぜったい晴翔なんだよな」「晴翔が影の悪役なんだよね?父親・加賀美が復讐止めるのか?」など、シェアハウスの新入り・晴翔(藤原大祐)を怪しむ声が続出しています。
 

加賀美から「すぐそばに禍が迫っている。過去からは、逃れられない」との手紙を受け取った正樹は、服役中の加賀美に接見。手紙の真意には答えず、「あの時、俺が言った通りになったな」と告げる加賀美。一方、賢治から「これが最後だ」と、父・秀雄(神保悟志)が理事長を務めていた学校法人の土地を買収するよう指示されます。正樹と冴が愛を育む裏で、一体何が起こっているのでしょうか? 気になる第10話は9月15日放送です。

 

『純愛ディソナンス』第10話 9月15日放送予告



【バックナンバー】
『純愛ディソナンス』第8話 髙橋優斗ついに闇落ち!「衝撃的」「まさかあんなことするなんて」などネット騒然
『純愛ディソナンス』第7話 世界一美しいキスシーン! 世界トレンド1位に「逆にエロい」「息するの忘れる」の声
『純愛ディソナンス』第6話 大ピンチの中島裕翔に吉川愛まさかの仕打ち「今苦しいのに」「まじでタイミング」の声
『純愛ディソナンス』第5話 闇深いベッドシーンに反響「そんなんで抱かれても…」「なかったらなかったで嫌」
『純愛ディソナンス』第4話 教師×生徒から不倫へ…禁断の恋再び? 中島裕翔のバックハグに反響
『純愛ディソナンス』第3話 衝撃ラストにネット騒然「何故その2人がくっついた⁉」「来週からいよいよヤバそう」
『純愛ディソナンス』第2話 “冴ママ”富田靖子の怪演にネット戦慄「逃げ恥とのギャップ…」「ザワザワ感やばい」
『純愛ディソナンス』第1話 劇伴&演出が『Nのために』『最愛』に似てる? 名ドラマ化に期待の声

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化