『純愛ディソナンス』第5話 闇深いベッドシーンに反響「そんなんで抱かれても…」「なかったらなかったで嫌」

8月11日に放送されたドラマ『純愛ディソナンス』(フジテレビ系)第5話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『純愛ディソナンス』公式サイト)。

中島裕翔さん、吉川愛さんが愛憎渦巻く禁断の恋に翻弄されるドラマ『純愛ディソナンス』(フジテレビ系)。8月11日に放送された第5話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

純愛ディソナンス
画像出典:フジテレビ『純愛ディソナンス』公式サイト

 

第5話のおさらい

正樹(中島裕翔)がケガをして入院していることを知った冴(吉川愛)は、いてもたってもいられず病院へと駆けつけました。屋上に正樹の姿を見つけ落ち着きを取り戻した冴を思わず抱きしめた正樹は、「ごめん」とだけ言い残して立ち去ります。
 

正樹が教師を辞めたのは冴との写真が出回ったせいだと知った「コアスパーク」社長の路加(佐藤隆太)は、自分たちは過去に傷を持つ者同士だから必ずいいパートナーになれるといい、正樹に新しいビジネスの計画を持ち掛けます。それは、セカンドパートナーのマッチングアプリと正樹が勤める「モノリスエステート」のリゾート物件をつなげるというもの。
 

路加は物件視察の日として、わざと正樹と愛菜美(比嘉愛未)の結婚記念日を指定し、さらに冴も同行させます。路加は愛菜美と、正樹と冴に何かが起こるかどうかの賭けをしていました。路加の差し金により宿を失った冴を「放っておけるわけがない」と自身の部屋に招いた正樹。冴から気持ちを尋ねられると「答えられない」と曖昧に返し、冴を残して愛菜美の待つ自宅へ帰り、おもむろに彼女を抱くのでした。
 

一方、シェアハウスに毒母・静(富田靖子)が押し掛けてきて気落ちしていた冴は、愛菜美からアシスタントを頼まれて喜びます。しかし何か意図があるはずだと冴を心配する慎太郎(髙橋優斗)はついに、5年前に正樹と冴の写真をばらまいたのが愛菜美であることを伝えます。冴が愛菜美を訪ね問いただすと愛菜美はその事実を認め、「何が悪いの?」と真っ向から問い返すのでした。

 

純愛ディソナンス
画像出典:フジテレビ『純愛ディソナンス』公式サイト

 

関係を試された正樹&冴、直後の愛菜美とのベッドシーンに反響

愛菜美の毒牙が刻々と冴に迫る中、路加もまた「モノリスエステート」社長への恨みをはらすべく、正樹に近づいていきます。正樹と冴の秘めた想いは、周囲の陰謀によって、いよいよかき乱されていく展開に。
 

Twitterでは「もはや誰の行動を応援すれば、新田先生と冴は幸せになれますか⁉」「相変わらず思い合う正樹と冴だけど、このドラマ2人が結ばれてハッピーエンドの結末ってあるのか?」「新田先生何考えてるか分かんないけど冴といる時はちゃんと顔に悲しいとか嬉しいとか愛おしいって書いてある。中島裕翔さんの切ない表情が最高」との声が上がっています。
 

また、冴との関係を試された直後の正樹と愛菜美のベッドシーンには大きな反響があり、「ドラマの背景的には切なくて複雑でかなり重いシーンだったと思うけど、中島裕翔×比嘉愛未がただただ美しすぎて終始芸術鑑賞している気分」「手だけ映す演出がめっちゃエロくて良かった」「愛菜美、あの状況で抱かれてもなぁ。きっとお見通しなんだよね。なんでもなかったから余計嫌なんだろうな」などのコメントが寄せられています。
 

8月18日放送の第6話からは、冴に向かう愛菜美の毒牙が加速。さらに毒母・静も再登場し、冴の心は暗い闇にかき乱されていきます。一方、闇を抱えた正樹は冴への想いを踏みとどまることができるのでしょうか。周囲に翻弄される2人の純愛の行方から目が離せません。
 

『純愛ディソナンス』第6話 8月18日放送予告



【おすすめ記事】
『純愛ディソナンス』第4話 教師×生徒から不倫へ…禁断の恋再び? 中島裕翔のバックハグに反響
『純愛ディソナンス』第3話 衝撃ラストにネット騒然「何故その2人がくっついた⁉」「来週からいよいよヤバそう」
『純愛ディソナンス』第2話 “冴ママ”富田靖子の怪演にネット戦慄「逃げ恥とのギャップ…」「ザワザワ感やばい」
『純愛ディソナンス』第1話 劇伴&演出が『Nのために』『最愛』に似てる? 名ドラマ化に期待の声
比嘉愛未、「誰だか分からない」変装姿に「アパ社長みたいです!!笑」「オーラが半端ないです」の声
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在