中島裕翔さんが初の教師役を演じ、生徒との禁断の恋を描くドラマ『純愛ディソナンス』(フジテレビ系)が7月14日に放送スタートしました。第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

純愛ディソナンス
画像出典:フジテレビ『純愛ディソナンス』公式サイト

 

第1話のおさらい

父が学校法人の理事長、母が教師という規律正しい家庭に生まれた新田正樹(中島裕翔)。父・秀雄(神保悟志)から優秀な兄・幸助と比較され続け、強いコンプレックスを抱いていた正樹は、幸助が大学時代に事故で他界してからも、どうすれば周囲から良く思われるかを考えながら打算的に生きています。
 

勤めていたピアノ教室が倒産し、職を失ったばかりの正樹のもとに、音大の先輩で幸助の恋人だった小坂由希乃(筧美和子)から連絡が来ました。私立桐谷高校で音楽教師をしていた由希乃は、学校を辞めるため正樹に後任を任せたいと言います。始めは断る正樹でしたが、自分の学校へ来いという秀雄の命令から逃れるため、由希乃の申し出を受けます。
 

赴任前夜、桐谷高校を訪れた正樹は、教頭の影山勉(手塚とおる)から2年3組の副担任を任されました。その後、音楽室に立ち寄ってピアノを弾き始めると、ピアノの下に隠れていた生徒・和泉冴(吉川愛)と目が合い驚きます。同級生の朝比慎太郎(髙橋優斗)らと学校に忍び込み、由希乃の履歴書を探していた冴は、影山に見つかってしまい音楽室に隠れたのです。
 

翌日、2年3組の担任で社会科教師の加賀美理(眞島秀和)は由希乃のデスクを使うよう正樹に指示し、隣席の国語教師・碓井愛菜美(比嘉愛未)に由希乃の私物の整理を依頼。由希乃は「一身上の都合」とだけ書いた辞職願のメールを学校に送りつけ、その後一切連絡が取れなくなっていたのです。影山は由希乃の退職理由については病気ということにすると、教師たちに指示していました。
 

碓井は正樹に桐谷高校の裏掲示板の存在を明かし、表面上は好かれていた由希乃が裏で叩かれていたことを伝えます。由希乃はなぜ失踪したのか。気になっているのは、彼女と親しくしていた冴も同じでした。冴は問題のある母親から自立をするため、禁止されているアルバイトをかけ持っていましたが、その貯金を母親の愛人に奪われてしまいます。
 

絶望した冴が踏切に身を投げようとするのを、偶然通りかかった正樹が止めました。家庭の悩みや小説家になりたいという夢を語る冴。正樹との間に、共犯関係にも似た親しみが育まれていきます。2人で歩いている写真が学校側に匿名のメールで送りつけられ、正樹は冴から離れようとしますが、冴は正樹へ特別な思いをもってぶつかっていきます。
 

そんな中、桐谷高校に警察がやって来て、教師たちに由希乃の遺体が発見されたと告げ――。

 

純愛ディソナンス
画像出典:フジテレビ『純愛ディソナンス』公式サイト

 

『Nのために』『最愛』を彷彿とさせる劇伴にドラマファン反応

劇伴を担当するのは『Nのために』や『最愛』(ともにTBS系)など数多くのラブサスペンス系名作ドラマの音楽を手掛ける横山克さん。本作の冒頭シーンから、特徴的なピアノの旋律が、名ドラマになる予感を感じさせました。
 

Twitterでは「引き込まれる裕翔くんと愛ちゃんの演技、美しい劇判に海沿いの背景、ともう最高」「毒っけのあるキャラクターがいい、下手なコメディ要素一切なくヒリヒリ進む青春モノいい、登場人物みんな上手いし好きな方達ばかり。横山さんの劇伴はなんでこう余白を表現して気持ちを持ってくのが上手いんだろう」「教師×生徒モノなのに観やすくなってる要因として新田先生が教師という職業に全く執着してなさそうなところがデカい」「最近のドラマにしては珍しく2人の心が近づく説得力があった」「『Nのために』『最愛』に似てるなぁと思って見始めたら引き込まれて見終わってた」「最愛の影響をバチバチに受けてるなぁ」などの声が上がっています。
 

吉高由里子さん、松下洸平さん、井浦新さんの切ないラブサスペンスが話題を呼んだ『最愛』(TBS系)に重ねて期待する声も多い本作。7月21日放送の第2話以降、由希乃の死の真相が明らかになっていくとともに、正樹と冴の禁断の恋が深まっていく様子がいかにして描かれるのか期待です。
 

『純愛ディソナンス』第2話 7月21日放送予告



【おすすめ記事】
「期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『パパとムスメの7日間』、2位『オールドルーキー』、1位は?
「主演俳優に期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『六本木クラス』、2位『石子と羽男』、1位は?
『六本木クラス』第1話 梨泰院ファン納得の好スタート「バカ息子忠実に再現」「清々しいほど原作通り」
『競争の番人』第1話 「公取委」が舞台の異色ドラマ好発進! NHK大河『鎌倉殿』『真田丸』を思い出す声も
『復讐の未亡人』第1話 妖艶で冷酷な“新・松本劇場”に称賛の声「美しくて過激」「たまに“やんごと”がちらつく」