「iPhone 14」はminiが廃止されTouch IDは復活せず、気になる価格や発売日をチェック!

米Appleは9月8日、新型iPhoneシリーズ「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」を発表しました。miniモデルが廃止となり、最小画面サイズが6.1インチに。気になる価格や発売日を見ていきましょう!

画像出典:Apple
「iPhone 14」シリーズ(画像出典:Apple、以下同)

米Appleは9月7日(米国時間)、iPhoneの新モデル「iPhone 14」シリーズを発表しました。ラインナップは「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」の4種類です。
 

基本となるデザインコンセプトは前モデルの「iPhone 13」シリーズを踏襲しつつ、ひと回り大きなサイズ「Plus」を採用。「mini」モデルは廃止となりました。また、Touch ID(指紋認証機能)は非搭載となっています。新型iPhoneの注目ポイントや気になる価格などをダイジェストでお届けします。
 

最小画面サイズが6.1インチからとなった「iPhone 14」と「iPhone 14 Plus」

6.1インチの「iPhone 14」と6.7インチの「iPhone 14 Plus」

エントリーモデルとなる「iPhone 14」は画面サイズが6.1インチと、「iPhone 14 Plus」の6.7インチの2種類に刷新。広角と超広角の2つの背面カメラを搭載しています。バッテリー駆動時間はiPhone史上最長とのことで、「iPhone 14」が最大20時間、「iPhone 14 Plus」が最大26時間のビデオ再生が可能となっています。
 

カメラは両モデルとも12MP。メインが26mm、絞り値F1.5。超広角が13mm、絞り値F2.4と視野角120°です。「Action mode」と呼ばれる新しい手ブレ補正モードで、まるでアクションカムのような滑らかな動画撮影が可能。暗所での撮影性能も最大で2倍向上しています。
 

センサー類では、新しくハイダイナミックレンジのジャイロスコープとデュアルコア加速度センサーを搭載し、大きな衝撃を検知。万が一の重大な事故のときは自動的に救助要請してくれます。
 

「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」のカラーラインナップおよび日本での価格

カラーはブルー、パープル、ミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)REDの5色展開です。国内のApple Store(店頭/Web)における価格(税込)とストレージ容量は以下の通り。


「iPhone 14」
・128GB:11万9800円
・256GB:13万4800円
・512GB:16万4800円
・9月9日(金)21時から予約開始、16日(金)発売開始
 
「iPhone 14 Plus」
・128GB:13万4800円
・256GB:14万9800円
・512GB:17万9800円
・9月9日(金)21時から予約開始、10月7日(金)発売開始



>次ページ:カメラ性能が大幅に向上した「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」



【おすすめ記事】
「iPhone 14」登場でiPhone 12/13が1万円値下げ! 販売終了になったモデルは?
「iPhone 14」いくらまでなら買う? 「10万円まで」が42%、「15万円まで」と答えた人は?
「Apple Watch Ultra」を加えた新しいApple Watchシリーズが登場! 価格や発売日をチェック
「iPhone」が最大4万円の値上げ! 「iPhone 13」シリーズを含むほぼ全ての端末が対象
「歴代iPhoneで1番好きな機種」ランキング! 3位「iPhone 7」、2位「iPhone SE(第2世代)」を抑えた1位は?
「iPhoneに搭載してほしい機能」ランキング! 2位「指紋認証」を抑えた圧倒的1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化