宮城県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「仙台市太白区」、1位は?

大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<宮城県版>」を発表しました。宮城県に住む20歳以上の男女1万2304人を対象に調査を行った結果、「住みここち(自治体)ランキング」1位に選ばれたのは?

大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<宮城県版>」を発表しました。

宮城県に住む20歳以上の男女1万2304人を対象に調査を行った結果、「住みここち(自治体)ランキング」1位は4年連続で「富谷市」、2位は「仙台市太白区」、3位は「仙台市若林区」が選ばれました。

このランキングは、宮城県の居住者を対象に、2019年~2022年の回答者数50人以上の自治体をランキング対象として集計しています。

仙台市太白区・秋保大滝

 

3位:暮らしやすい住環境がある 「仙台市若林区」

市の南東部に位置する「仙台市若林区」。西側エリアには都市部が広がり、太平洋に面した東側エリアには田園地帯を有しています。区内にはスーパーやドラッグストアなどの買い物施設だけでなく、子どもが遊べる施設も充実。また、鉄道では仙台市地下鉄南北線・東西線が通っているため交通利便性が良いです。

 

2位: 仙台市の南の玄関口である「仙台市太白区」

「仙台市太白区」は、開発が進み、大規模商業施設やマンションの供給が行われているエリア。居住者コメントには「地下鉄やJRまでバスで10分以内で交通の便が良い。歩いて近所にスーパーやドラッグストア また病院なども多く有り普段の生活に困らない。地下鉄長町南駅には区役所を中心に大型ショッピングセンターも映画館もある。長町南駅から歩いて5分位にJRや商業施設も多いので生活に便利です」といった意見もあり、良好な住環境が維持されていることが分かります。

 

1位:仙台市のベッドタウンである「富谷市」

仙台市の北に位置する「富谷市」は、若い世代を中心に人口が急増し、2016年に市制へと移行した街です。市内には、イオンモールやコストコなどの大型商業施設が充実しており、買い物に困ることがありません。豊かな住環境・自然環境が整っており、納得の4年連続1位という結果になりました。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
青森県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「弘前市」、1位は?
岩手県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「滝沢市」、1位は?
福島県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「伊達郡桑折町」、1位は?
山形県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「天童市」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望