福島県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「伊達郡桑折町」、1位は?

大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<福島県版>」を発表しました。福島県に住む20歳以上の男女7506人を対象に調査を行った結果、「住みここち(自治体)ランキング」1位に選ばれたのは?

大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<福島県版>」を発表しました。

福島県に住む20歳以上の男女7506人を対象に調査を行った結果、「住みここち(自治体)ランキング」1位は2年連続で「郡山市」、2位は「伊達郡桑折町(こおりまち)」、3位は「須賀川市(すかがわし)」が選ばれました。

このランキングは、福島県の居住者を対象に、2019年~2022年の回答者数50人以上の自治体をランキング対象として集計しています。

伊達郡桑折町の「半田山自然公園」

 

3位:交通利便性が良い 「須賀川市」

福島県中部に位置する「須賀川市」。首都圏や仙台方面へのアクセスが良好で、県内唯一の空の玄関口である福島空港の一部を有する街です。市の中心部には、市民交流センター「tette」があり、開放的な空間の中に図書館や子育て支援などの機能が充実。多くの人に親しまれています。また、ウルトラマンの原作者である円谷英二さんの出身地としても有名です。

 

2位:2021年10位からランクアップ!の「伊達郡桑折町」

福島県北部に位置する「伊達郡桑折町」。仙台藩伊達氏発祥の地として有名なほか、桃源郷や蛍の乱舞など四季折々の景色を堪能できます。一方で、仙台や首都圏など各方面へのアクセスが良好。また、同町では商業施設や認定こども園、グランピング施設の整備が進められおり、今後ますます注目のエリアとなりそうです。

 

1位:都会と田舎のバランスが良い「郡山市」

「郡山市」は、県の中央、中通り地方にある中核市です。都心から約75分というアクセスの良さに加え、さまざまな小売・サービス産業が集積し、子育て・教育・医療体制も充実。一方で、安達太良山(あだたらやま)をはじめとする大自然や、開成山公園などの公園施設もあります。


>5位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
福島県民が選ぶ「住み続けたい街」ランキング! 3位「喜多方市」、2位「本宮市」、1位は?
2022年 東北地方の観光地満足度ランキング! 3位「松島」、2位「鶴岡・湯野浜・あつみ」、1位は?
北海道・東北の高校生が「関心を持った大学」ランキング! 3位 東北学院大学、2位 北海道大学、1位は?
北海道・東北「男性の平均年収」ランキング、2位 福島県(404万円)、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」