岩手県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「滝沢市」、1位は?

大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<岩手県版>」を発表しました。岩手県に住む20歳以上の男女5122人を対象に調査を行った結果、「住みここち(自治体)ランキング」1位に選ばれたのは?

大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<岩手県版>」を発表しました。

岩手県に住む20歳以上の男女5122人を対象に調査を行った結果、「住みここち(自治体)ランキング」1位は3年連続で「盛岡市」、2位は2年連続で「滝沢市」、3位も2年連続で「紫波郡紫波町」が選ばれました。

このランキングは、岩手県の居住者を対象に、2019年~2022年の回答者数50人以上の自治体をランキング対象として集計しています。

岩手県 滝沢市

 

3位:ゆとりと便利さが調和する「紫波郡紫波町」

「紫波郡紫波町」は、県のほぼ中央に位置する人口3万3千人ほどの町。近年では、農村と都市の結びつきを目指した「オガールプロジェクト」が推進され、大きな注目を集めています。町内にある複合施設「オガール」には、飲食店やマルシェ、クリニック、体育施設、図書館、町役場などがあるほか、中央には芝生の広場もあり、たくさんの交流が生まれています。

 

2位:盛岡市のベッドタウンである「滝沢市」

盛岡市の北西部に位置する「滝沢市」。ベッドタウンとして栄えてきた都市の面と、農業の基盤となる自然豊かな面がバランスよく調和する町です。近隣市町まで行けば、温泉やスキー場も多くあるため、レジャースポットへのアクセスが良いのも特徴的。また、高齢化率が県内で最も低く、岩手県立大学や盛岡大学があるため若い世代も多く暮らしています。

 

1位:3年連続!安定の人気を誇る「盛岡市」

「盛岡市」は、盛岡城の城下町として栄えた風情を今なお残し、3つの一級河川が流れる自然豊かな地域です。一方で、多くの商業施設やショッピングモールがあるため買い物には困りません。さらに、市内の移動手段として路線バスも利用できるため便利です。


>5位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
岩手県民が選ぶ「住み続けたい街」ランキング! 3位「盛岡市」、2位「滝沢市」、1位は?
青森県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「弘前市」、1位は?
福島県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「伊達郡桑折町」、1位は?
山形県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「天童市」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」