500人に聞いた「好きな果汁グミの味」ランキング! 2位はマスカット味、1位は?【9月3日はグミの日】

9月3日はグミの日! All About編集部では全国500人を対象に、グミに関するアンケートを実施(調査期間:8月23~26日)。調査結果から、今回は「好きな果汁グミの味ランキング」を紹介します!

9月3日はグミの日! 「グ(9)ミ(3)」と読めることから、シゲキックスやぷっちょグミなどを製造・販売するUHA味覚糖が制定しました。

中でも、明治から販売されている「果汁グミ」は、豊富な種類のフレーバーと果物そのものの味わいが楽しめると人気を集めており、All About編集部で行った調査による「好きなグミランキング」で1位に輝きました。

そこで、All About編集部では全国500人を対象に、グミに関するアンケートを実施(調査期間:8月23~26日)。調査結果から、今回は「好きな果汁グミの味ランキング」を紹介します!
 

同率3位「レモンビタミンC」108票

果汁グミ レモンビタミンC(画像出典:明治公式サイト)

3位にランクインしたのは、爽快感のある酸っぱい味が人気の「レモンビタミンC」。選んだ人からは以下のようなコメントが寄せられました。

「もっともすっぱくて疲労回復に良いから(30代・男性)」

「小腹を満たすのと眠気ざましに丁度良い(40代・男性)」

「酸っぱさが爽快感を感じさせます。(30代・女性)」

「スカッとリフレッシュ出来るからです(30代・女性)」

「ビタミンCが取れて身体に良いと感じるため。(40代・男性)」
 

同率3位「温州みかん」108票

果汁グミ 温州みかん(画像出典:明治公式サイト)

同じく3位にランクインしたのは、「温州みかん」。選んだ人からは以下のようなコメントが寄せられました。

「みかんをそのまま食べてるような味で好き(20代・女性)」

「甘いだけよりも酸味がある物が好きな為(30代・男性)」

「見た目が本当にみかんみたいで程よい甘さで美味しいですね(20代・女性)」

「みかんが特に果物本来の旨味が出てて美味しいように思うからです(20代・女性)」

「オレンジの房みたいな形が可愛いし、甘すぎずスッキリするからです(40代・女性)」

甘酸っぱさのあるみかんそのものの味と、みかんの房のような形が人気のようです。
 

第2位「マスカット」122票

果汁グミ マスカット(画像出典:明治公式サイト)

2位にランクインしたのは、「マスカット」。高級フルーツのマスカットが、グミで味わえるという点に魅力を感じる人が多いようです。選んだ人からは以下のようなコメントが寄せられました。

「好きな味だが生のフルーツで食べる機会が少ないから(30代・女性)」

「マスカットって高いイメージだからグミで味わいたい(40代・女性)」

「果物の味が生かされていると感じるから(20代・男性)」

「とにかくフレッシュで上品なマスカットの味が大好きだからです(60代・女性)」

「普段あまりマスカットを食べる機会がないのでレアな感じがして好き(30代・女性)」
 

第1位「ぶどう」279票

果汁グミ ぶどう(画像出典:明治公式サイト)

栄えある第1位に輝いたのは、「ぶどう」。選んだ人からは以下のようなコメントが寄せられました。

「ぶどうの果汁が濃縮されている感じで美味しい(40代・女性)」

「いろいろな果汁の味の中でブドウが一番味を感じられます。(30代・女性)」

「味が濃くて美味しいからです(30代・女性)」

「グミ食感とぶどうの味がマッチしているから(20代・男性)」

「ぶどうの旨さそのままに表現されていて、口の中に広がる果汁がとてもたまらない(40代・男性)」

濃厚でジューシーなぶどうのおいしさが味わえると人気のようです。
 

※回答者コメントは原文ママです


>次ページ:5位までのランキング結果


【おすすめ記事】
「日本グミ協会」とは? 「グミの日」って何? 日本グミ協会の名誉会長にギモンをぶつけてみた
「日本グミ協会名誉会長」に聞いた、おすすめグミ3選! 絶対王者「果汁グミ」超えも出現?【9月3日はグミの日】
500人に聞いた「好きなグミ」ランキング! 3位 ハリボー、2位 ピュレグミ、1位は?【9月3日はグミの日】
500人に聞いた「苦手なグミ」ランキング 3位 コロロ、2位 シゲキックス、1位は?【9月3日はグミの日】
ハード派orソフト派? 果汁派or飲料派?…全国500人にグミの好みを聞いてみた【9月3日はグミの日】
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在