「社内恋愛や結婚が多いです。そして密かに…」経験者が教える結婚式場・ブライダルバイトの裏情報

All About編集部で、全国に住む10~60代の男女500人に対して、アルバイト経験についてのアンケート調査を実施! 回答の中から、今回は「結婚式バイトの裏情報」を紹介します。


結婚式バイトの裏情報、教えます!


TwitterなどのSNSで、元アルバイトが業界の闇や裏事情を告発する投稿が話題になっています。そこでAll About編集部では、全国に住む10~60代の男女500人に対して、アルバイト経験についてのアンケート調査を実施!


回答の中から、今回は「結婚式バイトの裏情報」をご紹介します。

 

毎日が誰かの一生に一度! 他のバイトにはない経験


まずは、結婚式バイトならではの経験について。


「結婚披露宴に参加した気になれて、幸せのお裾分けがもらえたのがよかった(40代・女性)」


「結婚式という一生に1度しかない場所にいられるというのはとても貴重な経験でした(20代・女性)」


「結婚式場アルバイトでは、フラワーシャワーを撒いたり幸せな時間に触れられたのが良かった(20代・女性)」


幸せパワーで、ハードな業務も頑張れちゃう?

 

花嫁同士は絶対に出会わない!? バイトが知る結婚式場の裏側


続いて、バイトだけが知っている現場の裏側について。


「新郎新婦の性格やその家族の性格を、あらかじめ伝えられる(20代・男性)」


「1日に何人もの方が式を挙げられる場合、花嫁同士が必ず会わないように導線を考え、無線でスタッフと連携を取りながら行います(20代・女性)」


「結婚式場でアルバイトをしたとき。妊娠されている女性を、Nさん、とお呼びしていました。月齢が分かれば、例えば妊娠5カ月の方であれば、N5、のようにお呼びしていました。月齢によって注意するべき点が変わったりするので、手違いがないようにや、快適に過ごしていただけるように記号を作ったのかな、と思います(40代・女性)」


細部までさまざまな工夫が! さすがの気遣いですね。

 

表には出せない? 華やかに見える業界の裏側


さらに、意外なブライダル業界の裏情報も。


「ウエディングプランナー同士はあまり仲が良くない(30代・女性)」


「婚礼衣装の販売のアルバイトをしていました。ウエディングドレスを購入する方が持ち込み料を合わせてもレンタルするよりも格段に安いこと、買った衣装はクリーニング後の真空パック保管で10年以上品質が保つことを知りました(30代・女性)」


「結婚式場のスタッフさん。拘束時間が長いし出会いも少ないので、社内恋愛や結婚が多いです。そして密かに、離婚率がものすごく高いと思います(40代・女性)」


社内恋愛が多く、離婚率が高い……! 日々、お客さんの幸せに立ち会っていることも関係しているのでしょうか。

 

おめでたい席で言いづらいけど……! あのとき思っていた本音


そして、バイトの時は言えなかった本音も。

「たくさんのカップルを見ていると、だんだんと結婚して上手くいくカップル、いかないカップルが分かるようになってきます(30代・女性)」
 
「披露宴の際、次の料理が置けないので、食べ物を溜めずにある程度のタイミングで食べて欲しい(40代・女性)」


「お客様に対して丁寧に接するのがこちらの役目だがそれにおごったお客様の態度に思うところがあった(20代・男性)」


一生に一度の体験をサポートするブライダルバイト。一緒にお祝いをする仲間だと思って、気遣いをもって接したいですね。


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「神様握手してくださいと手を握られて…」「毎回お祓い」経験者が教える巫女バイトの裏情報
「私服と両腕チェック」「客がいなくなった瞬間…」メイド喫茶・コンカフェの裏側をバイト経験者が暴露
「ミスを連発した日。店長に帰り少し残れと言われて…」今でも心に残る居酒屋バイトでのエピソード
「タバコの略称、知らねーのかよと言われて…」あのとき客に言ってやりたかったコンビニバイトの本音
5歳の男の子に「スマイルください」と言われて…今でも心に残るファストフードバイトでのエピソード

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応