「ミスを連発した日。店長に帰り少し残れと言われて…」今でも心に残る居酒屋バイトでのエピソード

All About編集部で、全国に住む10~60代の男女500人に対して、アルバイト経験についてのアンケート調査を実施! 回答の中から、今回は「今でも心に残る居酒屋バイトの思い出」を紹介します。

あなたが今でも覚えている「バイトのエピソード」はありますか?


TwitterなどのSNSで、元アルバイトが業界の闇や裏事情を告発する投稿が話題になっています。

そこでAll About編集部では、全国に住む10~60代の男女500人に対して、アルバイト経験についてのアンケート調査を実施!


回答の中から、今回は「今でも心に残る居酒屋バイトの思い出」を紹介します。

 

ミスを連発した日。店長に残れと言われて……!


「疲れて仕事に身が入らず、ミスを連発した日。

閉店前の作業をしていると、店長に声をかけられた。帰り少し残れ、と。

説教か……とうなだれていると、店長が飲みに行くぞ! と近くの居酒屋へ連れていってくれた。

ついてびっくり、なんとラスト作業していたメンバーがそろっている。真ん中にはケーキと蝋燭(ろうそく)。私の誕生日祝いをしてくれたのだ。

そうだ、今日は私の誕生日。

飲食店はチームプレイ。自然とできた絆を実感して心があたたまりました(20代・女性)」



まさかのサプライズ! 自分の誕生日を忘れるほど参っていたんですね。なんて温かい職場なんだ……!


比較的、気軽に職場を選べることも、アルバイトのメリット。せっかくなら、人間関係のいい職場で働きたいですね。

 

※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「タバコの略称、知らねーのかよと言われて…」あのとき客に言ってやりたかったコンビニバイトの本音
5歳の男の子に「スマイルください」と言われて…今でも心に残るファストフードバイトでのエピソード
「いつものと言われても知らないし」「正直迷惑」リアル調査した客への本音が反省させられる
「コロッケトイレに行きます」「太郎くんがいました」ってどういう意味? バイト内だけで通じる用語・隠語集
「工場は意外に清潔」「野球場でキンキンのビールを飲むには」バイト経験者が教えるマル秘裏知識
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応