「神様握手してくださいと手を握られて…」「毎回お祓い」経験者が教える巫女バイトの裏情報

All About編集部で、全国に住む10~60代の男女500人に対して、アルバイト経験についてのアンケート調査を実施! 頂いた回答の中から、今回は「神社お寺・巫女バイトの裏情報」をご紹介します。


巫女バイトの裏情報、教えます!


TwitterなどのSNSで、元アルバイトが業界の闇や裏事情を告発する投稿が話題になっています。そこでAll About編集部では、全国に住む10~60代の男女500人に対して、アルバイト経験についてのアンケート調査を実施!


回答の中から、今回は「巫女バイトの裏情報」を紹介します。

 

さすがちゃんとしてる……! 表に見せない努力や配慮


まずは、格式あるバイトならではの裏事情。


「当日(参拝者の応対)以外でも、お守りを袋に詰める作業等の時だけでも、毎回きちんとお祓いをしてもらってから作業していました(30代・女性)」


「お寺でアルバイトをしていて、庭師さんは木を剪定するだけでなく、拝観者の方々に楽しんでいただけるように落ち葉をきれいに配置しなおしていた(30代・女性)」


作業時も毎回お祓い、拝観者にも配慮した剪定。さすがですね……!

 

日本に生まれてよかった! 他のバイトにはない経験や特典


続いて、他のバイトではできない経験や特典について。


「巫女のバイトをしていたのですが、年末年始(12月31日~1月1日)は一晩中神社に参拝できる(20代・女性)」


「お守りを購入されたときの渡し方など作法を学べた。格好もなかなかできるものではない(40代・女性)」


「お寺のアルバイトでは、お客様へのおもてなしや清掃の過程で一級のお庭や展示品をすぐ間近で見られる。良いものを見ると、日本に生まれて良かったと思える(30代・女性)」


参拝できて、展示物も見られる。これぞまさに、役「徳」?

 

早朝勤務、寒さとの戦い……! 巫女バイトの意外なつらさ


さらに、あまり知られていない意外なつらさも寄せられました。


「巫女のバイトは寒さとの戦い 袴の下に着込んでいる(40代・女性)」


「当日(参拝者の応対)以外でもかなり開始時間が早く、5時から12時等のシフト(30代・女性)」


「檜にお面や絵馬などをくくりつける作業で、檜アレルギーになりました(30代・女性)」


早朝の寒さは格別。巫女さんって実はけっこう大変なんです。

 

あくまでバイトなんで……! 勘違いしないでほしいこと


そして、お客さんに分かってほしかった本音も。


「巫女さんもアルバイトなので、神聖な目で見られてもただの女子大生です(30代・女性)」


「巫女のバイトで『神様握手してください』といろんな方に手を握られたが、すごく不快だった(40代・女性)」


ご利益があるのは神社やお寺であり、巫女さんはあくまでアルバイト。困らせないようにしたいですね。


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「私服と両腕チェック」「客がいなくなった瞬間…」メイド喫茶・コンカフェの裏側をバイト経験者が暴露
「出来立てのポップコーンは塩の方」「映画見放題」経験者が教える映画館バイトの裏情報
「ミスを連発した日。店長に帰り少し残れと言われて…」今でも心に残る居酒屋バイトでのエピソード
「タバコの略称、知らねーのかよと言われて…」あのとき客に言ってやりたかったコンビニバイトの本音
5歳の男の子に「スマイルください」と言われて…今でも心に残るファストフードバイトでのエピソード

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」