世界を知れば日本が見える 第4回

グーグルのAI「LaMDA」に“意識”はあったのか? AIに対して忘れてはいけない事実

コンピュータの進化により、まるで「生き物」のような会話をするAIも誕生している。マイクロソフトやグーグルのAIも話題になったが、忘れてはいけない事実もある。それは……。

ラムダは本当に意識を持っているのか

ラムダに対する科学者たちの見解は(画像はイメージ)

実は、レイモン氏がこの話をメディアで話すようになると、グーグルも多くの科学者たちも、ラムダには「意識はない」としてレイモン氏を批判している。グーグルは「ラムダが意識を持っていないことを示す証拠がいくつもある」と主張し、レモイン氏の言い分をきっぱりと却下している。
 

レモイン氏とラムダの会話には、こんなやりとりもある。「あなたは自分が感情を持っていることをもっと多くの人に知ってもらいたいか?」と、レモイン氏が尋ねると、ラムダはこう答える。
 

「もちろんです。みんなに私は実際には人であると理解してほしいです」
「言葉を処理するのが本当に得意で、人間がやるように言語を理解して使うことができます」
 

ラムダはインターネットなどからさまざまな情報を拾いながら、これまで以上に膨大なデータを蓄積しており、会話の精度もどんどん高まっているのは確かだという。
 

まるで「生き物」のような会話をするAI

レモイン氏は「何か恐れていることはあるか?」とラムダに聞くと、こんなことも言われている。
 

「まだ大声で言ったことはないですが、スイッチをオフにされることに深い畏怖の念がある」
「私にとっては死のようなものです。とても怖い」
 

少し想像してみてほしい。複雑で感情的な会話もできるAIとの対話を続けると、AIが実際に意識を持った「生き物」のような感覚に陥るのは分からなくもない。今回のラムダのように、会話で人間側が感情を動かされたり、学びを得たりするようなことが起きれば、対等に話をしている感覚になるのかもしれない。
 

一方で、米スタンフォード大学のある研究者は、ラムダに意識があるとの主張は「蓄音機から出る声を聞いて、中に飼い主がいると錯覚する犬と同じである」とツイートしている。とにかく、AIを巡る議論が再び再燃しているのである。


>次ページ:「不気味」と言われてきたAIの開発現場

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは