「Amazonプライムデー」注目商品をピックアップ! 「Apple Watch」や「ルンバ」など人気の家電も

「Amazonプライムデー」注目商品の一部を紹介します。人気のガジェットや家電、生活用品など暮らしや家計をサポートしてくれる商品も対象となっているので、ぜひチェックしておきましょう!

7月12日の0時から、Amazonプライム会員向けビッグセール「プライムデー」がスタートします。実施期間は13日の23時59分まで(48時間)です。
 

2022年のテーマは「夢にまで見た商品を、年に一度のビッグセールで。」ということで、夢の実現や暮らし、家計をサポートする幅広いカテゴリーの商品が対象となっています。
 

本記事では、7月11日時点で公開されている注目商品の一部を紹介しましょう。
 

Apple Watch Series 7(GPSモデル)


Appleのスマートウォッチの最新モデル。時間や天気、カレンダーといった基本的な情報のほかに、Apple Payや音楽アプリのコントロール、改札パス、目覚ましといった機能を備えています。体の動きや心拍数、血中酸素濃度の計測といったヘルスケアアイテムとしても重宝します。
 

>Amazonで見る
 

ルンバ i7+ 

ルンバ i7+
ルンバ i7+(出典:Amazon)


お掃除ロボットのパイオニア的存在である「ルンバシリーズ」から、2019年に販売開始された「ルンバ i7+(プラス)」。同名の「ルンバ i7」もありますが、こちらは自動ゴミ捨て機能はありません。間取りを学習して効率よく掃除する機能や、吸引力を10倍に高める強力なモードも備えています。
 

>Amazonで見る
 

Echo Show 5 第2世代

Echo Show 5 第2世代
Echo Show 5 第2世代(出典:Amazon)


自室にセットし音声を使って操作するAmazonのスマートスピーカー。モニターも付いているため、同じEcho端末やAlexaアプリを使っている友人や家族とハンズフリーでビデオ通話が可能です。対応しているPrime Videoコンテンツが楽しめるといった機能も。
 

>Amazonで見る
 

ミラーフィット

ミラーフィット
ミラーフィット(出典:Amazon)


全身カガミのようなサイズで、24時間どこでもフィットネス体験ができる最新デバイスです。トレーナーの映像と自分の身体の映像が同時に映るため動きをチェックしながらトレーニング可能となっています。フィットネスビギナーから上級者までそれぞれのレベルに合わせた最適なメニューをAIが自動的に作成してくれます。
 

>Amazonで見る
 

Kindle Oasis(8GB) 色調調節ライト搭載 広告付き


Amazonの電子書籍サービス「Kindle」を楽しめる専用端末シリーズの1つです。画面サイズ7インチはKindle史上最も大きく、色調調整ライトも搭載されたため、ホワイトからアンバーまでお好みの色調に変更できます。IPX8等級の防水機能も搭載されており、お風呂でもアウトドアでも好きな場所で読書が楽しめます。
 

>Amazonで見る
 

最大12%還元の「プライムデー ポイントアップ キャンペーン」のエントリーもお忘れなく!

プライムデー実施期間中は、合計1万円以上(税込)の買い物をすると最大12%還元される「プライムデー ポイントアップ キャンペーン」も開催されています。こちらも、忘れずにエントリーしておきましょう
 

※情報は記事執筆時点のものとなります。価格は購入前にAmazon上でご確認ください。在庫状況によっては、売り切れの場合もあります


【おすすめ記事】
「Amazonプライムデー」7月12~13日に開催! セール前にやっておくべき3つのこと
「iPhone」が最大4万円の値上げ! 「iPhone 13」シリーズを含むほぼ全ての端末が対象
10〜20代で「フロッピーディスクを知っている」人はどのくらい?
楽天モバイル「0円プラン廃止」、乗り換え先候補の圧倒的1位は?
メルカリの友達招待でもらえる500ポイントの有効期限に気をつけて! 180日から30日に変更

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化