「楽天モバイル0円廃止」乗り換え予定の人が選ぶ候補1位は?(画像はイメージ)

MMD研究所は、18~69歳の男女2万5000人を対象に実施した「楽天モバイル0円廃止発表後の実態調査」の結果を発表しました。
 

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」(0円プラン)が廃止され、7月1日に新プランに自動移行するにあたり、6月10~13日の3日間に渡ってスマホユーザーの動向を調査したものです。※KDDIの通信障害発生前に実施
 

メイン利用1位は「docomo」、サブ利用1位は「楽天モバイル」

メイン利用の通信サービスで最も多かったのは「docomo」(29.4%)、次いで「au」(19.0%)、「SoftBank」(12.2%)。「Rakuten UN-LIMIT(楽天モバイル)」は8.2%でした。
 
メインとサブの通信キャリア利用率
メインとサブの通信キャリア利用率


3大キャリア(docomo、au、SoftBank)のオンライン専用プラン「ahamo」(4.5%)、「povo」(1.9%)、「LINEMO」(0.9%)と合わせると、4キャリアの合計は75.9%となっています。
 

一方、サブで利用しているスマホの通信サービスを調査したところ、最も多かったのは「Rakuten UN-LIMIT」(20.0%)、次いで「docomo」(18.4%)、「au」(14.4%)でした。
 

Rakuten UN-LIMIT、メイン/サブともに直近通信量「1GB以内」が最多

Rakuten UN-LIMITの「メイン利用者」と「サブ利用者」に、直近で利用した月間通信容量を聞いたところ、「メイン利用者」は「1GB以下」が48.9%、「2〜5GB」が22.1%、「21GB以上」が10.7%という結果に。
 
メイン・サブ利用者の直近月の通信量
メイン・サブ利用者の直近月の通信量


「サブ利用者」は、「1GB以下」が62.8%、「利用していない」が11.1%、「2〜5GB」が9.9%でした。
 

他社乗り換え先はメイン/サブともに「povo」が圧倒的1位

「Rakuten UN-LIMIT」の利用者に継続・他社乗り換え・解約意向について聞いたところ、「メイン利用者」は「継続」が65.4%、「乗り換え」が29.0%、「解約」が5.7%でした。
 

メイン・サブ利用者の「0円プラン廃止後」の意向調査
メイン・サブ利用者の「0円プラン廃止後」の意向調査

一方「サブ利用者」は「継続」が34.6%、「乗り換え」が32.7%、「解約」が32.6%となっており、綺麗に意見が分かれていることが判明。
 
メイン・サブ利用者の乗り換え検討先
メイン・サブ利用者の乗り換え検討先


「他社乗り換え」を選んだ人に、検討先を聞いたところ、メイン利用者、サブ利用者ともに1位は「povo」でした。それぞれ2位以下に大きな差を付けています。
 

なお、本調査は7月2日に発生したKDDIの通信障害前に実施したものとなります。


【おすすめ記事】
楽天モバイル利用者の約半数「0円廃止でも乗り換えない」と回答、理由は?
楽天モバイル「乗り換え希望」ユーザーが選ぶ人気の料金プラン3選! 「povo2.0」「mineo」、あと1つは?
楽天モバイル「0円ユーザー」約7割が解約を検討中。乗り換え先の人気1位は「povo」
KDDI通信障害で考えたい、メルカリ便が正常に利用できない場合の対策
楽天モバイルは「月額0円」廃止だけじゃない! 楽天メール、通話かけ放題、新プランで変わること



【関連リンク】
プレスリリース