川島なお美さんの夫・鎧塚俊彦さん、7月3日の“NAOMI(703)の日”に「女房とサシで乾杯」「奥様想い」と反響続々

世界的に有名なパティシエの鎧塚俊彦さんが7月3日、自身のInstagramを更新。「今日は女房が勝手に作った「NAOMI(703)の日」」として、2015年に亡くなった女優の川島なお美さんの写真を公開しました。ファンからは「心が温かくなります」など称賛の声が寄せられています。

生前の大人かわいい川島さんの姿

 

川島さんの思いが詰まった「一夜城 Yoroizuka Farm」

 

「畑でブルーベリーもすくすく育っています」

 

「大阪にきたらやっぱりホルモン焼き」

 

「北海道から立派なリュバーブがたくさん届いていました」

 


>記事に戻る
 


【おすすめ記事】
川島なお美さんの葬儀に行ってきました
川島なお美さんの夫、鎧塚俊彦さんの言葉「強いて言うなれば『なお美葬』です」
川島なお美さんが、1度だけ仕事を引き受けて下さらなかった理由
仲里依紗、夫・中尾明慶の誕生日を祝福! 「飛び級レベル」のイクメンエピソードに「素敵な夫婦」の声
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】