「満足度が高かった春ドラマ」ランキング! 3位『正直不動産』、2位『ナンバMG5』、1位は?

All About編集部は「満足度が高かった春ドラマ」を調査。その結果を紹介します(画像出典:『正直不動産』公式サイト)。

『このミステリーがすごい!』大賞に選ばれた同名小説が原作、綾瀬はるかさん主演の『元彼の遺言状』(フジテレビ系)や、木村拓哉さんが元天才ボクサーのコーチを演じる『未来への10カウント』(テレビ朝日系)など、4月クールも多くのドラマが話題となりました。
 

All About編集部は6月30日~7月4日、全国348人を対象に「満足度が高かった春ドラマ」に関するアンケート調査を実施。その結果をランキング形式で紹介します。
 

3位:『正直不動産』(NHK火曜夜10時)

正直不動産
『正直不動産』(画像出典:公式サイト

3位にランクインしたのは、NHKドラマ『正直不動産』。山下智久さん主演で放送前から注目が集まりました。主人公・永瀬財地(山下智久)は登坂不動産の営業マン。その口のうまさから、営業成績はナンバーワン、嘘もいとわないセールストークでやり手の名を欲しいままにしていました。ところがある日、ひょんなことから祟りを受け、嘘の付けない体に……。馬鹿正直に思ったことを口にする永瀬に、お客も大激怒。永瀬と登坂不動産の行方はいかに!?
 

回答では、「何気なく見始めたドラマでしたが、回数を重ねるごとに面白くなっていきました。賃貸マンションを借りる時に、不動産会社から嫌な目にあわされたことが何度もあったので、このドラマのような不動産会社に出会えていたら良かったのになと思いました」「思いもよらぬ展開で笑えるだけではなく、学びがあるドラマだったから」「正直すぎる不動産屋が、客の心を掴んでいくストーリーが爽快でした。不動産の知識も得られて、勉強になりました」などの声が聞かれました。
 

2位:『ナンバMG5』(フジテレビ系水曜夜10時)

ナンバMG5
『ナンバMG5』(画像出典:公式サイト

2位は、フジテレビ系『ナンバMG5』がランクイン。人気の同名コミックが原作の作品です。筋金入りのヤンキー一家“難破家”の次男として生まれた剛の夢は“脱ヤンキー“。家族には内緒で、普通の高校生として白百合高校へ入学。しかしそんな剛の願いもむなしく、いじめられていた友人を特攻服で助けたこときっかけに、次々にヤンキーがらみの事件に巻き込まれてしまいます。不良高校で知られる市松高校の一匹狼・伍代直樹には、話題の若手俳優・神尾楓珠さんが。この2人の関係にも注目です。
 

選んだ理由に「コメディ満載のドラマだが、感動する場面もあってとても面白かった。ヤンキードラマはあまり好きじゃないが、このドラマは毎回欠かさず見ていた」「家族がゴリゴリのヤンキーの話しで面白かった」「次男難波剛の心の切なさがみていて苦しくもあり、学校生活が楽しくてたまらないのがよかった」
 

1位:『マイファミリー』(TBS系日曜夜9時)

マイファミリー
『マイファミリー』(画像出典:公式サイト

見事第1位に選ばれたのは、嵐のメンバー・二宮和也さんと女優・多部未華子さんの再共演が話題となった日曜劇場『マイファミリー』でした! 『山田太郎ものがたり』以来、15年ぶりの共演となる2人が演じたのは、最愛の娘を誘拐された夫婦役。表では理想の夫婦を演じていた鳴沢夫妻(二宮、多部)でしたが、実は夫婦関係に問題が。誘拐事件を通して、家族の絆を再確認します。しかし、事件は鳴沢家だけでは終わらず、新たな悲劇へと続いていきます。多くの犠牲を払いながらも、もう一度相手と向き合うチャンスをもらった家族たちの行末は……。
 

回答理由に、「毎週謎を残していく終わり方で次回が待ちきれない。見終わったたびに友人と考察をして盛り上がった」「毎回誰が犯人?って思いながら見ていました。あの着信音が怖すぎです」「出演者の豪華さと、飽きないストーリーで毎週日曜日が楽しみでした」などの声が寄せられました。


>15位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「最終回が良かった春ドラマ」ランキング! 3位『持続可能な恋ですか?』、2位『ナンバMG5』、1位は?
夏ドラマ期待度ランキング! 2位は『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』、1位は?
『マイファミリー』最終話 真犯人はまさかの!? 悲しくも堂々の結末に反響続出「しんどい」「気持ち晴れない」
『やんごとなき一族』最終話 爆笑&感動のラストでトレンド1位に「美保子さん最後まで面白い」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」