『オールドルーキー』第2話 次回プロランナー役でSixTONES田中樹さん登場にファン歓喜「納得の体型」「予告で泣きそう」

7月3日に放送されたドラマ『オールドルーキー』(TBS系)第2話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『オールドルーキー』公式サイト)。

綾野剛さん主演の笑えて泣けるスポーツヒューマンドラマ『オールドルーキー』(TBS系)。7月3日に放送された第2話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

オールドルーキー
画像出典:TBS『オールドルーキー』公式サイト

 

第2話のおさらい

プロサッカー選手を引退し、スポーツマネジメント会社「ビクトリー」に入社した新町亮太郎(綾野剛)。高柳社長(反町隆史)から、塔子(芳根京子)と組んで9歳のスケートボード選手・牧村ひかり(佐竹晃)の獲得を任されます。全国大会で優勝したもののまだ無名な小学生であるひかりと今のうちに契約を結んでおけば、大きな利益を生む可能性が高いと踏んでのことです。
 

2人は早速、ひかりの父親でコーチの悠一(桂宮治)を訪ねますが、悠一は取り付く島もありません。練習場にはすでに世界最大手のライバル企業・WPAの姿もあり、プロコーチをつけると提案していました。ひかりを自分の手で育てオリンピックに出させるという夢をもつ悠一に、塔子は指導には一切口を出さずスポンサーだけ連れてくるという方向で提案を進めます。亮太郎は、練習で楽しそうな様子を見せないひかりを気にかけます。
 

同じ頃、梅屋敷(増田貴久)は担当しているプロゴルファー・高槻(竹財輝之助)が極度のスランプに陥り成績不振が続いて悩んでいました。高柳からはなんとか回復させるようにプレッシャーをかけられます。亮太郎は知り合いのイップス専門医を紹介するも解決できません。
 

一方、長女の泉実(稲垣来泉)は相変わらずサッカーをやめた亮太郎を受け入れることができず。泉実から「今の仕事が楽しそうじゃない」と言われた亮太郎も、いまだにサッカーへの未練が残っている自分に気づき、やるせない気持ちになります。妻・果奈子(榮倉奈々)からもポジティブなパパに戻ってほしいのだと指摘され、亮太郎はひかりに思いを馳せます。
 

ひかりの元を訪ねた亮太郎は、スケートボードを教えてもらいながら本当の気持ちを聞き出します。スケートボードの経験がない父が知らないトリックをネットで見て練習しているというひかり。スケートボードの世界では出し惜しみせず皆が友達。もっとすごいトリックを皆の前で決めてみたいとひかりは語りました。
 

スポンサーを手配し悠一を説得した塔子は契約書へのサインを促しますが、押印寸前で亮太郎はひかりの気持ちを尊重したいと口をはさみます。アメリカに行ってプロコーチに教わりたいひかりにとっては、WPAとの契約のほうが適しているのです。アスリートを一番に考えるのがスポーツマネジメント、そうじゃないなら続けられないと亮太郎。塔子は高柳を説得させるために知恵をしぼり、WPAとの共同契約する方向へ持っていきました。
 

一方、高槻から不調の原因がペットロスだと聞きだした梅屋敷は、新しいペットを自腹でプレゼントし、高槻は無事復活を遂げました。亮太郎は次女に誕生日プレゼントを渡すとともに、サッカーをやりたがっていた泉実にもサッカーボールを贈り、お金のことは気にせず好きなことをやりなさいと告げます。ボールを抱え部屋にこもってしまった泉実。亮太郎はジョギングに出かけ、「どうすりゃいいんだよ俺は!」と複雑な思いを叫ぶのでした。

 

オールドルーキー
画像出典:TBS『オールドルーキー』公式サイト

 

次回マラソンランナー役で田中樹さん登場にファン歓喜

現役復帰への未練を断ち切れず、いつ声がかかってもいいようにと体づくりを始めた亮太郎。一方では元アスリートならではのアプローチで、スポーツマネジメントの仕事経験も重ねていっています。第2話ラストシーンでは、プロマラソンランナー・秀島修平(田中樹)の記者会見を見守る亮太郎と塔子の姿が映されました。
 

Twitterでは「1話よりさらに面白くなってる。今後に期待」「契約まとまりそうなのに黙ってられなくてひかりの意見を聞いてしまう新町。『なによりもアスリートの意見を聞くのがマネジメントの役目だから』なるほど、新町はこういう立ち位置。彼がいることで胸につかえているものがとれる感じ」「すごく良かった。子供のリアルな感情がすごく描かれてて考えさせられた」「スポーツマネジメントって奥が深いし夢がある仕事だなぁ」などのコメントが寄せられた他、田中樹さんの登場に「ぴったり!」「納得の体型」「セリフの感じと役が合ってる」「予告で泣きそう」などファンから期待の声が殺到しています。
 

田中樹さん演じる秀島修平は、塔子が入社当時からマネジメントしているビッグマウスなアスリート。レースでの敗北を塔子のせいにして、担当を亮太郎に変えるよう高柳にオーダーします。高柳は無事にサポートできたら亮太郎を正社員にすると約束しますが、亮太郎は次女・明紗(泉谷星奈)から「いつサッカー選手に戻るの」と聞かれ改めて未練を実感し――。複雑な思いを抱えながら、亮太郎は果たして秀島復活を成功へと導けるのでしょうか? 気になる第3話は7月17日放送です。
 

『オールドルーキー』第3話 7月17日放送予告



【おすすめ記事】
『オールドルーキー』第1話 綾野剛の快進撃に期待! 「大魔神佐々木を拝めるとは」アスリートゲスト出演にも注目
2022年夏ドラマ期待度ランキング! 2位は『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』、1位は?
横浜流星、『オールドルーキー』綾野剛らとのオフショットに「剛くんと流星くん最高すぎ」「汗まで似合う」と大反響!
芳根京子、ばっさりショートにしたイメチェンに大反響! 「顔が小さすぎる」「1000倍素敵です」
芳根京子、美脚あらわなミニスカ衣装を披露! 「素敵な衣装にヘアメイクありがとうございました!」


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応