櫻坂&欅坂46「1番好きなシングル曲」ランキング! 2位『二人セゾン』『不協和音』、1位は?

All About編集部では、「欅坂46」「櫻坂46」に関するアンケート調査を全国217人を対象に実施しました。調査結果から、「1番好きなシングル曲ランキング」を発表します!(サムネイル画像:欅坂46公式サイトより)

『不協和音』(画像:欅坂46公式サイトより)

2016年に1stシングル『サイレントマジョリティー』で鮮烈なデビューを遂げたアイドルグループ・欅坂46。2020年10月に「櫻坂46」に改名し、欅坂46として9枚、櫻坂46として4枚のシングルをリリースしています。

All About編集部では、そんな「欅坂46」「櫻坂46」に関するアンケート調査を全国217人を対象に実施(調査期間:6月3~16日)。調査結果から、今回は「1番好きなシングル曲ランキング」を発表します!
 

2位(同点):『不協和音』37票

「櫻坂46(元・欅坂46)の好きなシングル曲を教えてください」という質問をしたところ、2位にランクインしたのは2曲。1曲目は、『不協和音』でした!

『不協和音』は、2017年4月5日に欅坂46の4枚目シングルとして発売されました。メッセージ性の強い歌詞と振り付けに注目が集まり、NHK紅白歌合戦での魂の込もったパフォーマンスが話題となりました。

回答者からは、「アイドルらしからぬ曲調がとてもよかった(20代女性)」「すごくカッコいい曲だし、ダンスも激しくてカッコよくて好きです(30代女性)」「カッコイイ曲だと思っています。メッセージ性も強いと思います。アイドルっぽくない新しい感じがして好きです(40代女性)」「紅白などの歌番組で聴いて知り、かっこいい曲だなと思った(30代男性)」など、アイドルらしからぬ曲調に惹かれたという声が多く見られました。
 

2位(同点):『二人セゾン』37票

2位にランクインした2曲目は、『二人セゾン』です!

『二人セゾン』は、2016年11月30日に欅坂46の3枚目シングルとして発売されました。かっこいい曲調が多い欅坂46の楽曲の中で、美しいメロディーと、しなやかな振り付けのダンスが特徴的です。

回答者からは、「メロディーラインがとても綺麗だから(40代男性)」「暗い歌が多い中でさわやかな曲でメロディラインが好きだから(50代女性)」「ほかの曲よりも柔らかい印象で、アイドルの雰囲気を感じるところが好きです(20代女性)」「切ない感じが欅坂と合っていたから(30代女性)」と、爽やかで美しい曲調に魅力を感じる声が多く集まりました。
 

1位:『サイレントマジョリティー』112票

2位以下と大きく差をつけて第1位に選ばれたのは、『サイレントマジョリティー』です。

『サイレントマジョリティー』は、2016年4月6日に欅坂46のデビューシングルとして発売されました。笑顔を見せないアイドルらしからぬパフォーマンスとメッセージ性の強い歌詞・曲調が話題となり、公式YouTubeチャンネルで公開されているミュージックビデオは、再生回数が1億7000万回を超えています(2022年7月1日現在)。

回答者からは、「周りに流されずに芯を持って生きていくという歌詞に共感した(50代男性)」「デビュー曲のサイマジョのダンスを見て、かっこいいと思いはまったきっかけです。 ダンスを真似して覚えたりしていました(30代女性)」「大人たちに抵抗するという、子どもたちの維持が感じられ、さらに社会への問題提議がなされた作品だと思っている(20代男性)」「一番最初に出した曲が印象的でアイドルらしくない可愛さが一切なく、かっこよさが全面なのがとても好き。くせになるサビ部分も好きです(20代女性)」など、力強い歌詞や曲調に惹かれ、印象に残っているという声が多く集まりました。


※回答コメントは原文ママです。


>次ページ:12位までのランキング結果


【おすすめ記事】
櫻坂&欅坂46「1番好きな歴代メンバー」ランキング! 3位 渡邉理佐、2位 長濱ねる、1位は?
日向坂46「1番好きなシングル曲」ランキング! 2位『ドレミソラシド』を抑えた1位は?
乃木坂46「歴代最強センター」ランキング! 2位 生駒里奈を抑え、1位に輝いたのは?
乃木坂46「1番好きな歴代メンバー」ランキング! 3位 齋藤飛鳥、2位 生田絵梨花、1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」