櫻坂&欅坂46「1番好きな歴代メンバー」ランキング! 3位 渡邉理佐、2位 長濱ねる、1位は?

All About編集部では、「欅坂46」「櫻坂46」に関するアンケート調査を全国217人を対象に実施しました。調査結果から、今回は「1番好きな歴代メンバー」のランキングを発表します!(サムネイル画像:欅坂46公式サイトより)

『サイレントマジョリティー』(画像:欅坂46公式サイトより)

2016年に鮮烈なデビューを遂げたアイドルグループ・欅坂46。2020年10月に「櫻坂46」に改名し、現在は3期生のオーディションが開催中です。

All About編集部では、そんな「欅坂46」「櫻坂46」に関するアンケート調査を全国217人を対象に実施(調査期間:6月3~16日)。調査結果から、今回は「1番好きな歴代メンバー」について聞いた結果をランキング形式で発表します!
 

第3位 渡邉理佐(13票)

「櫻坂46(元・欅坂46)の歴代メンバーで好きな人物を教えてください」という質問をしたところ、3位にランクインしたのは渡邉理佐さんでした!

渡邉さんは、2015年8月21日に欅坂46・1期生のオーディションに合格。櫻坂46に改名後も、グループの中心となって活躍し、2022年5月22日に開催された卒業コンサートをもって卒業しました。

渡邉さんは、その抜群のスタイルを活かしてアイドルだけでなくモデルとしても活躍。2017年には『non-no』の専属モデルに抜擢され、グループ初の女性ファッション誌専属モデル起用を果たしました。

回答者からは、「初期のころから綺麗な顔立ちで同い年とは思えないクールなキャラクターがすごく好きだったので選びました(20代女性)」「謙虚で、誰かのために一生懸命の姿が素敵であるため(20代男性)」「モデルもしていて顔が好みの可愛い顔だから(20代女性)」「渡邊理佐のスタイルの良さと顔とダンスが好きでした(40代男性)」など、綺麗な顔立ちや抜群のスタイルに惹かれる声が多く集まりました。
 

第2位 長濱ねる(37票)

第2位にランクインしたのは、長濱ねるさんです!

長濱さんは、2015年11月29日にけやき坂46(現・日向坂46)として活動開始。後に欅坂46との兼任活動を経て、2019年7月30日にグループを卒業しました。

長崎県出身の長濱さんは、地元九州での活躍も目覚ましく、2021年10月に「西九州新幹線長崎県広報大使」に任命。また、地元の五島列島が舞台の2022年後期NHK連続テレビ小説『舞い上がれ!』へのレギュラー出演も決定しています。

回答者からは、「かわいくておっとりした雰囲気が好きです(30代女性)」「かわいくて愛嬌があるからです(30代女性)」と、長濱さんのかわいらしい雰囲気に惹かれたという声や、「可愛らしくて知識も身に付けている所です(30代)」「頭が良く、バラエティー番組でも健気に頑張ってる姿に応援したくなりました(20代女性)」「優しい雰囲気が好き。知性が好き。ひたむきでかわいい(20代女性)」など、知的な部分に魅力を感じるという声が集まりました。
 

第1位 平手友梨奈(105票)

栄えある第1位に選ばれたのは、平手友梨奈さんです!

平手さんは、2015年8月21日に欅坂46・1期生オーディションに合格。当時、平手さんは14歳でグループ最年少でした。2020年1月23日にグループを脱退しました。

平手さんは、抜群の存在感と絶対的なオーラから、欅坂46全てのシングル表題曲でセンターを務めました。グループ脱退後は、アーティスト・女優として活躍しており、2022年7月放送開始のドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)への出演が決定しています。

回答者からは、「存在感というかエースらしい雰囲気が好きだった(30代男性)」「他を寄せ付けない独特の雰囲気が魅力だから(40代男性)」「圧倒的な存在感で、欅坂と言えば多くの人が平手友梨奈だと答えると思うから。また、時に見せるかわいい笑顔が素敵だから(20代女性)」「あのクールな感じがよくて、ドラマも『ドラゴン桜』も『風の向こうへ駆け抜けろ』も観たから(30代女性)」など、圧倒的存在感に惹かれる声や、グループを離れてからの活動にも注目している声が多く見られました。


※回答コメントは原文ママです。


>次ページ:10位までのランキング結果


【おすすめ記事】
櫻坂&欅坂46「1番好きなシングル曲」ランキング! 2位『二人セゾン』『不協和音』、1位は?
日向坂46「1番好きなシングル曲」ランキング! 2位『ドレミソラシド』を抑えた1位は?
乃木坂46「歴代最強センター」ランキング! 2位 生駒里奈を抑え、1位に輝いたのは?
乃木坂46「1番好きな歴代メンバー」ランキング! 3位 齋藤飛鳥、2位 生田絵梨花、1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望