NISHIKIYA KITCHEN
NISHIKIYA KITCHEN 東京ミッドタウン店

六本木の東京ミッドタウンに6月17日、約100種類のレトルト商品を購入でき、さらにすぐ食べられる状態でテイクアウトもできるショップ「NISHIKIYA KITCHEN」がオープンしました。これまで商品が並ぶ店舗はありましたが、テイクアウトできる店舗は東京初です。
 

パッケージデザインは日本を代表するクリエイター

約100種類のオリジナルレトルト食品
約100種類のオリジナルレトルト食品が並ぶ

取り扱っているのは、カレー、スープ、パスタソース、おかゆ、子ども向けのシリーズなど、約100種類のレトルト食品。すべてオリジナルで、温めるだけで食べられる手軽さはそのままに、世界の料理を簡単に楽しめます。
 

最初に惹かれるのは、商品のかっこよさ。レトルト食品専門店として40年の歴史と技術があったものの、イマイチ商品が垢抜けない……。そんな時に、「くまモン」などを手掛けてきた日本を代表するクリエイティブディレクター・水野学さんと出会い、ブランド名からパッケージデザインまで一新。水野さんが「NISHIKIYA KITCHENの味にふさわしい一番いい服を着せた」と言う、スタイリッシュなパッケージになっています。
 

素材へのこだわりが凄いっ!

そんなNISHIKIYA KITCHENの大きな魅力が“味”。とにかく素材選びへの執念がすごいんです。水は宮城・蔵王を水源とするものを、浄水器を使って塩素などを徹底的に排除。塩はミネラル豊富なシママースやアルペンザルツなど世界中から良いものを集め、調味料・素材選びにこだわった結果、化学調味料・着色料・香料は一切使用していないレトルト商品が出来上がりました。
 

また主力商品で50種類以上あるというカレーについては探究心旺盛! 本場インドのバターチキン発祥の店から一般家庭まで、本物の味を求めて精力的に訪問。足繁く通ううちに伝授されたという秘伝のスパイスは、ちゃんと商品に反映されているのだそう。さらにインド特有のスパイス・カレーリーフや、カッテージ風チーズのパニールなど日本で手に入りにくいものは、なんと地元・宮城で独自に栽培・生産しているそうです。
 

人気商品、会長の押しは?

さてそんなブランドの情熱がみっちりつまった商品。売れ筋はというと……。
 
レモンクリームチキンカレー
レモンクリームチキンカレー(400円・税込)

まず2014年の発売当初から1番人気なのが「レモンクリームチキンカレー(400円・税込)」。“香りが良くフレッシュ感が特長のシチリア産レモンの皮・果汁とクリームを合わせ、マイルドさと爽やかさを併せ持った不動の1番人気商品”とのこと。口に入れるとスパイシーのあとからクリーミィな甘さがやってきて、ホッとする味わいです。

ケララフィッシュ
ケララフィッシュ(550円・税込)

レトルト食品専門会社としてここまで会社をひっぱってこられた菊池洋会長にも“推しカレー”を伺ったところ、名前が上がったのが「ケララフィッシュ(550円・税込)」。南インドの魚のカレーで、日本産のカレーリーフ入り。スパイスの配合も現地のレシピで作られたNISHIKIYA KITCHENの魅力が詰め込まれた一品です。味わいはとにかく大人! いぶしたような心地よい苦味がカレーに深みを添えています。
 

東京ミッドタウン限定! 1つ5000円の衝撃レトルトカレー

限定カレー
たたずまいからして普通じゃない限定カレー

さて、100種類どころか、季節限定のカレーやスープを加えると120ほどの商品が並ぶNISHIKIYA KITCHEN。商品開発に大変な情熱を注いでいますが、今回東京ミッドタウン店のオープンに合わせて特別な限定カレーを生み出しました。
 

それが、柔らかな仙台牛のステーキを、なんとまるごと1枚レトルトパックに閉じ込めた贅沢カレー「A SPECIAL,GREAT,FANTASTIC,AMAZING,SUPER DELICIOUS CURRY」です。
 

東京ミッドタウン限定カレー
A SPECIAL,GREAT,FANTASTIC,AMAZING,SUPER DELICIOUS CURRY(5000円・税込)

なんとも気合の入った商品名ですがそれもそのはず。最高品質の仙台牛の肩バラ肉・ブリスケットをこんがり焼き、旨みを閉じ込めたステーキをまるごと1枚贅沢に使っているのです。
 

袋の中からステーキ1枚がつるっと出てくる驚きは他にはない衝撃! 食べてみると、肉が柔らかく口の中でホロホロ解け、その感覚がなんともリッチ。肉にカレーがたっぷり染み込んだジューシーな味わいは、ご飯の添え物でなく、メイン料理としていただきたくなる逸品です。普通なら機械が行う袋詰作業も全て手で行っているというこだわり。価格ももちろんサプライズ、1パック5000円です。
 

ミッドタウン店では、宮城県産のつや姫のご飯に+約50種類のレトルトカレーから選んでテイクアウトという他の店舗にはない機能もありますが、とにかく商品がずらりと並ぶ物販コーナーが圧巻。素材へのこだわりとおいしさ、見た目のスタイリッシュさ。気に入った商品をパケ買いしてプチギフトに……なんて言うのも、おうちごはんを充実させたい今、おしゃれで喜ばれるのではないでしょうか。


【店舗情報】
NISHIKIYA KITCHEN 東京ミッドタウン店
住所:東京都港区赤坂9-7-4東京ミッドタウンガレリアB1
営業時間:11:00~21:00 (L.O. 20:00)


【おすすめ記事】
新横浜ラーメン博物館「あの銘店をもう一度」プロジェクトが7月1日始動! トップバッターは和歌山「井出商店」
横浜ランドマークタワーに「ガンダム・エアリアル」が出現! 7月16日から横浜でガンダムイベント続々と
崎陽軒「ちむどんどんする横浜・沖縄弁当」発売! 沖縄料理を“崎陽軒風”にアレンジ【実食レポ】
グリーン車シートに座って「シウマイ弁当」を! 崎陽軒×東海道新幹線コラボルームが新横浜のホテルに
横浜ベイブリッジ「スカイウォーク」が6月25日リニューアル! 新本牧ふ頭整備事業をPRする展示も