新横浜ラーメン博物館「あの銘店をもう一度」プロジェクトが7月1日始動! トップバッターは和歌山「井出商店」

新横浜ラーメン博物館(ラー博)は2024年に迎える30周年に向けて、7月1日から「あの銘店をもう一度」プロジェクトをスタート。過去に出店したことのある約40店舗の銘店が2年間かけ3週間のリレー形式でラー博に出店します。和歌山「井出商店」がオープニングを飾ります。

新横浜ラーメン博物館(以下、ラー博)は2024年に迎える30周年に向けて、7月1日から「あの銘店をもう一度」プロジェクトをスタート。過去に出店したことのある約40店舗の銘店が2年間かけ3週間のリレー形式でラー博に出店する、ラー博史上最大のプロジェクトです。第1~3弾の出店店舗が6月17日に発表されました(画像はすべて提供、一部筆者撮影)。
 

「あの銘店をもう一度」プロジェクトについて

新横浜ラーメン博物館 外観(2022年6月15日撮影)
新横浜ラーメン博物館 外観(2022年6月15日撮影)

新横浜ラーメン博物館がオープンしたのは1994年3月6日。「全国各地のラーメンを飛行機に乗らずに食べに行ける」をコンセプトとして開業しました。
 

これまでにラー博に出店したのは50店舗。札幌味噌ラーメンに革命を起こした札幌「すみれ」、ご当地ラーメンブームの火付け役となった和歌山「井出商店」、国産小麦の自家製麺、厳選素材の基盤を作ったパイオニア「支那そばや」など、ラーメン業界に多大な影響を与え、ラーメン史に名を残す、そうそうたる顔ぶれが名を連ねます。
 

2年後の2024年に30周年を迎えるにあたり、ラー博がここまで続けてこられた理由は、歴代ラーメン店の魅力にあると改めて感じ、「お客さまにいま一度、その魅力と価値をご紹介したい、各店のラーメンをもう一度この場所で味わっていただきたい」と考えたところから、「あの銘店をもう一度」の構想がスタート。
 

約40店舗の歴代ラーメン店が2年間かけ3週間のリレー形式でラー博に出店する、ラー博史上最大のプロジェクトがいよいよ7月1日から始動します。
 

オープニングを飾るのは和歌山「井出商店」

井出商店「中華そば」
井出商店「中華そば」

7月1~21日までの第1弾として、和歌山「井出商店」が出店します。実は井出商店は、ラー博で数々の記録をたたき出している、文字通りラー博史に残る伝説のラーメン店なのです。
 

井出商店は、1998年10月1日にラー博にオープン。今でこそ和歌山ラーメンは知られている存在ですが、当時は各地域にご当地ラーメンがあるということすらあまり知られておらず、和歌山のイメージは「みかん」や「梅干し」くらいでラーメンを連想する人は皆無だったそうです。

1998年出店時の告知ポスター
1998年出店時の告知ポスター

しかし、オープン初日から大行列! 最大待ち時間は210分。1日平均杯数は893杯。期間終了までの238日間、一度も列が切れることがない大ブレークを果たしたのでした。「連続行列日数、最大待ち時間、1日平均杯数」の記録は、今もなお破られていません。

1998年出店時の行列
1998年出店時の行列

ラー博でのブレークを機に、和歌山の本店にもメディアが殺到するなど、和歌山ラーメンブームが巻き起こりました。そしてこの和歌山ラーメンブームをきっかけとして、その後の「ご当地ラーメン」ブームへと繋がっていきました。
 

「井出商店」が提供する和歌山ラーメンとは?

具材は和歌山ラーメンの特徴でもあるカマボコにチャーシュー、メンマ、青ネギといたってシンプル
具材は和歌山ラーメンの特徴でもあるカマボコにチャーシュー、メンマ、青ネギといたってシンプル

1953年創業の井出商店。とろりとした豚骨しょう油スープが特徴です。麺はストレートの細麺。具材はカマボコにチャーシュー、メンマ、青ネギとシンプルです。

井出商店で提供される「早寿司」
井出商店で提供される「早寿司」

和歌山ラーメンのもう1つの特徴が、ラーメンとともに「早寿司」「巻きずし」「ゆでたまご」を食べる習慣があること。井出商店では、鯖の押し寿司「早寿司」を提供しています。今回の出店でももちろん毎日販売(数量限定)されるとのことです。
 

出店期間内は1階ギャラリーで、より一層ラーメン店の理解が深められる特設展示を同時開催するので、こちらも楽しみです。
 

第2弾は福島県会津若松「牛乳屋食堂」、第三弾は埼玉川越「頑者(がんじゃ)」の出店も決定。3週間に一度、ラー博に通うことになりそうです。

福島県会津若松「牛乳屋食堂」
福島県会津若松「牛乳屋食堂」……創業90余年の歴史を持つ会津屈指の老舗
埼玉川越「頑者(がんじゃ)」
埼玉川越「頑者(がんじゃ)」……「極太麺×濃厚つけダレ×魚粉」という、それまでになかったつけ麵のスタイルを確立

 

「あの銘店をもう一度」情報

期間:2022年7月1日~約2年間(各店舗約3週間)
期間中出店数:約40店舗(現店舗除く)
第一弾:和歌山「井出商店」7月1日~21日
第二弾:福島「牛乳屋食堂」7月22日~8月11日
第三弾:埼玉「頑者」8月12日~9月1日
URL:https://www.raumen.co.jp/

 

【おすすめ記事】

新横浜ラーメン博物館へ行こう
新横浜ラーメン博物館「淺草 來々軒」で復活1周年企画開始
新横浜ラーメン博物館が「冷凍ラーメン」発売! 第1弾は「淺草 來々軒」
ラー博が新事実を発表!室町時代にラーメンが存在していた!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在