「多部未華子」がはまり役だったと思うドラマランキング! 2位『山田太郎ものがたり』、1位は?

All About編集部は5月12~30日、全国500人を対象に「多部未華子さんがはまり役だったと思うドラマ」に関するアンケートを実施。その結果を、ランキング形式で紹介します(画像出典:Amazon)。

2022年4月クールのドラマ『マイファミリー』(TBS系)での好演が記憶に新しい、多部未華子さん。幅広い役柄をこなす実力派女優として、多くのファンを魅了しています。
 

All About編集部は5月12~30日、全国500人を対象に「多部未華子さんがはまり役だったと思うドラマ」に関するアンケートを実施。その結果を、ランキング形式で紹介します。
 

3位:『デカワンコ』シリーズ(2011年、2012年)

『デカワンコ』(画像出典:Amazon


3位に選ばれたのは、2011~2012年に連続ドラマ+スペシャル版が放送された『デカワンコ』(日本テレビ系)シリーズ。原作は、森本梢子さんによる同名漫画です。ロリータファッションを身にまとう新人女刑事・花森一子(多部未華子)。警察犬ばりの嗅覚を持ち、一子という名前にちなんでついたあだ名はワンコ。そんな彼女が周囲を巻き込み、ドタバタしながらも難事件を解決していくストーリーです。
 

「まずロリータチックな衣装がとても似合っていて、ひと目見た瞬間から原作のままだと思いました。見た目はもちろん、話し方や仕草も、私が原作で読んだワンコとそっくりで感動しました」「ゴスロリが可愛かったからです」と、衣装が似合っていた!との声が多く寄せられました。
 

2位:『山田太郎ものがたり』(2007年)

『山田太郎ものがたり』(画像出典:Amazon


2位には、2007年に放送されたドラマ『山田太郎ものがたり』(TBS系)がランクインしました。原作は、森永あいさんの同名漫画。主人公・山田太郎(二宮和也)は、容姿端麗、学力優秀、運動神経抜群だが、唯一の弱点は貧乏なこと。そんな太郎が、周囲の人々に振り回されまがらも愉快に人生を謳歌していく姿を描いたストーリーです。多部未華子さんは、ヒロイン・池上隆子役で出演。玉の輿を狙うも太郎に恋をしてしまう役どころを、コミカルに演じています。
 

回答理由では、「二宮和也さんとの相性が良かった」「漫画のキャラクターを表現するのが上手だと思う」「山田太郎の欲の無さや誠実さにちょうどよい相手役だと思ったので」などの声が聞かれました。
 

1位:『私の家政夫ナギサさん』(2020年)

『私の家政夫ナギサさん』(画像出典:Amazon)​​​​​​


1位には、多部未華子さんが主演を務めたドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)が選ばれました! 原作は、電子書籍サイト「コミックシーモア」発のオリジナル同名コミック(著者:四ツ原フリコさん)。製薬会社のMRで働くキャリアウーマン・相原メイ(多部未華子)は、仕事は誰よりもできるのに、家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子。そんなメイが、突然現れたおじさん家政婦・ナギサさん(大森南朋)とライバル会社の社員・田所優太(瀬戸康史)との関係に振り回されるさまを描いたハートフルラブコメディです。
 

回答者からは「仕事に一途な主人公が多部さんに似ているのかなと思った」「バリキャリで家事が苦手という役どころ。視聴者が共感できるよくも悪くも芸能人っぽくないところが親しみやすくリアリティがあるから」などの声が聞かれました。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「多部未華子」出演のドラマ人気ランキング! 3位『山田太郎ものがたり』、2位『マイファミリー』、1位は?
『マイファミリー』最終話 真犯人はまさかの!? 悲しくも堂々の結末に反響続出「しんどい」「気持ち晴れない」
春ドラマ出演「女性タレントパワー」ランキング! 3位「多部未華子」、2位「広瀬アリス」、1位は?
「多部未華子に共演してほしい芸能人」3選! 「綾瀬はるか」「綾野剛」あの人も?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」