「多部未華子」出演の好きな映画ランキング! 3位『あやしい彼女』、2位『ピース オブ ケイク』、1位は?

All About編集部は5月12~30日、全国500人を対象に「多部未華子さん出演で好きな映画」に関するアンケートを実施。その結果を、ランキング形式で紹介します(画像出典:Amazon)。

見ている人を共感させる演技力を持つ、多部未華子さん。数々のドラマや映画、CMに引っ張りだこです。

All About編集部は5月12~30日、全国500人を対象に「多部未華子さん出演で好きな映画」に関するアンケートを実施。その結果を、ランキング形式で紹介します。
 

3位『あやしい彼女』(2016年)

『あやしい彼女』(画像出典:Amazon


3位にランクインしたのは、映画『あやしい彼女』(2016年)。韓国映画『怪しい彼女』を、『舞妓 Haaaan!!!』『謝罪の王様』などの水田伸生監督がリメイクしたコメディー作品です。73歳の頑固な女性がひょんなことから20歳の姿に戻り、失われた青春を取り戻していく姿を描いたストーリー。多部未華子さんは、ヒロインの20歳時を熱演。劇中で披露される、澄んだ歌声にも注目です。
 

回答理由では、「衣装も似合っていましたし、歌が上手で驚きました」「あやしい彼女での外見と中身のギャップ(おばちゃんキャラ)にハマったし、歌が上手なことを初めて知った」などの声が聞かれました。
 

2位『ピース オブ ケイク』(2015年)

『ピース オブ ケイク』(画像出典:Amazon


2位には、2015年に公開された映画『ピース オブ ケイク』が選ばれました。原作となったのはジョージ朝倉さんの同名漫画。限りなく軽くて、ゆれやすい20代の成長と恋を描いた作品です。多部未華子さんは、ヒロイン・梅宮志乃役で出演。仕事恋愛も周囲に流されるままに生きてきた女性を、好演しています。
 

「私は本当にこれで良いのか…と葛藤している姿の演技がとても上手だったから」「普通の女の子が恋愛で変わっていく姿をうまく演じているため」などの意見が聞かれました。
 

1位『君に届け』(2010年)

『君に届け』(画像出典:Amazon


1位に選ばれた『君に届け』(2010年)は、椎名軽穂さんの人気漫画を映画化した作品。誰よりも健気で純粋ながら、見た目が暗いことで周りから「貞子」と呼ばれる女子高生・黒沼爽子(多部未華子)。そんな爽子が、クラスの人気者・風早翔太(三浦春馬)の気さくな優しさに触れながら、徐々に打ち解けて変わっていく姿を描いた青春ストーリーです。
 

回答者からは「爽子役を演じることが出来る人は本当に限られていると思う。影のある役かつ、嫌味のない美人と言う役柄に多部さんはぴったりだと思う」「周りの子も皆みていて、青春ストーリーがすごくよかったから」などの声が聞かれました。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「多部未華子」出演のドラマ人気ランキング! 3位『山田太郎ものがたり』、2位『マイファミリー』、1位は?
「多部未華子に共演してほしい芸能人」3選! 「綾瀬はるか」「綾野剛」あの人も?
『マイファミリー』最終話 真犯人はまさかの!? 悲しくも堂々の結末に反響続出「しんどい」「気持ち晴れない」
「多部未華子」がはまり役だったと思うドラマランキング! 2位『山田太郎ものがたり』、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」