karayama_02
ロードサイドでよく見かける唐揚げチェーン「からやま」


首都圏の沿道などでよく目にする唐揚げチェーン店「からやま」。伝説の唐揚げ専門店「からあげ縁-YUKARI-」のニンニクやショウガを使用せず鶏のうま味を引き出す「秘伝の特製漬け込みダレ」で仕上げた「カリッともも」のDNAを継承し、とんかつ専門店「かつや」とのコラボレーションで2014年に誕生しました。2022年5月現在の店舗数は全国で120店舗。ジューシーかつフレッシュな唐揚げは、各エリアで人気を博しています。
 

同店は唐揚げを中心にさまざまなメニューがありますが、現在は親子丼、大判のやきとりといったものもあります。いずれもおいしいのですが、実際に「からやま」に行ってみると、どのメニューをオーダーすべきか、かなり迷ってしまうのも正直なところ。そこで今回は「からやま」に、売り上げトップ3を聞きました。「からやま」でオーダーする際の、目安にしてくださいね!
 

【「からやま」売り上げ3位】 220g超えの鶏もも肉1枚を使ってこの価格! 「からあげ定食」 590円(税別)

karayama_03
「からあげ定食」 590円(税別)
karayama_04
大判の鶏もも肉1枚を丸ごと使ったもの


第3位は、「からあげ定食」。「からあげ」とありますが、いわゆるブツ切りの唐揚げではなく、大判の鶏もも肉(220g超え)を豪快にそのまま揚げた商品です。
 

シンプルかつ食べ応えのある一品ですが、他の唐揚げ商品同様、衣はカリッと、中はふっくらとした仕上がり。胃もたれすることなく、もも肉のうま味を最後の一切れまで楽しめます。この物量、味にして、590円(税別)はかなりのお値打ち。「からやま」で迷ったら、この「からあげ定食」を頼むと良いかもしれません。
 

【「からやま」売り上げ2位】 「からあげ定食」にも採用される鶏もも肉に、タルタルソースを大胆にかけた「チキン南蛮定食」 650円(税別)

karayama_05
「チキン南蛮定食」 650円(税別)
karayama_06
タルタルソースのパンチがクセになる!


続いて「からやま」の売り上げ第2位は、「チキン南蛮定食」です。3位の「からあげ定食」にも採用されている鶏もも肉(220g超え)の唐揚げの上に、タルタルソースをドバーッとかけた一品。ただでさえおいしい唐揚げですが、このタルタルソースの酸味、コク、うま味が加わり、強いパンチを生み出しています。
 

なお、タルタルソースは最近、具だくさん仕様にリニューアルしたとのことで、以前よりもさらにパンチある味に仕上がっているとか。ガッツリ感が欲しい日には、チョイスしてみると良いでしょう。
 

【「からやま」売り上げ1位】 不動の人気。多くの人が「からやま」といえばコレ! とチョイスする「からあげ定食(梅)」 690円(税別)

karayama_07
「からあげ定食(梅)」 690円(税別)
karayama_08
肉のうま味を存分に感じられる「からやま」ならではの一品!


第1位は、「からあげ定食(梅)」です。「ザ・唐揚げ」とも言うべき見た目で、大きめにカットされた唐揚げがゴロッと4個入ったセット。1番人気も納得です。冒頭でも触れた「からあげ縁-YUKARI-」の、ニンニクやショウガを使用しない製法を継承した「秘伝の漬け込みダレ」なので、仕事中のランチタイムなどにも気軽に食べられます。
 

今回の取材ではお弁当でいただきましたが、冷めても十分においしかったです。この点も「からやま」の唐揚げが優れていると感じました。
 

【ランク外】 唐揚げだけでない「からやま」の人気メニューとは!?

ここまで「からやま」の売り上げTOP3のメニューを紹介しましたが、ランク外となったものの、他にも人気上昇中のメニューがあるとのことです。
 

その筆頭が、やきとりを採用したメニューです。

karayama_09
「やきとり定食」590円(税別)
karayama_10
「二種盛り定食」790円(税別)
karayama_11
「ネギ塩やきとり定食」690円(税別)


「からやま」のやきとりは、串に刺したものではなく、これまた豪快に鶏もも肉を1枚丸ごと焼いたものを指します。肉のうま味はもちろんですが、特製のやきとりダレの味が絶妙。やきとりだけをおかずにした「やきとり定食」はもちろん、唐揚げと合わせた「二種盛り定食」も人気のようです。
 

さらに、やきとりに細かく刻んだネギたっぷりのネギ塩ダレにレモンを添えた新メニュー「ネギ塩やきとり定食」も発売以来、グングン人気を伸ばしているとのことです。
 

また、「からやま」の鶏肉のうまさの影響からか、実は「親子丼」も人気メニューの1つとのこと。
 

karayama_12
「親子丼」490円(税別)


香ばしいやきとりをだしのきいた割り下で煮込み、絶妙な火加減で卵とじにしたもの。その繊細な味に対して、490円(税別)というコストパフォーマンスの良さも人気の理由のようです。
 

中京地区ではなぜかやきとりが人気

「からやま」の人気メニューを紹介してきましたが、ここで素朴な疑問も。全国120店舗を展開する「からやま」なので、地域によって人気の差が出るようにも思います。この点についても、「からやま」担当者に聞きました。
 

からやま担当者:今回の売り上げトップ3は、地域ごとに関係なく、いずれも人気のメニューです。ただし、特に地域性を感じるのは中京地区では、「やきとり」が人気です。今や国民食ともいっていい唐揚げをメインにした「からやま」ですが、この他にも大判の「やきとり」、繊細な味にこだわった「親子丼」などもあります。お客さまのその日の気分次第でさまざまな楽しみ方ができる「からやま」にぜひご来店ください。
 

今回の売り上げTOP3とそれ以外の人気メニューを見て、確かに連日通っても楽しめるメニューばかりだと思いました。「からやま」でどれをオーダーするか迷った際は、ぜひ本記事を参考にチョイスしてみてください。いずれも、おいしくてクオリティの高いものばかりですよ!



【おすすめ記事】
「ガスト」の味が変わった? 30周年の「ハンバーグ大改革」でどのくらい美味しくなったのか聞いてみた
「佐野ラーメン」の栃木県佐野市では、市が「ラーメン職人」を養成している? 実際に確かめに行ってきた
60年前「さつま揚げのオバケ」と言われたハンバーグは今どうなった? 「マルシンハンバーグ」の歴史を振り返る
「たい焼き」はコンビニスイーツの隠れたヒット商品! コンビニ4社で食べ比べてみたら、ある共通点が発覚……!
サックサクの「パイ菓子」をコンビニで買うならどれ? 大手3社の「パイ菓子」を食べ比べてみた



【関連リンク】
からやま