芦田愛菜ちゃんは本当に慶應医学部へ行くの? 慶應女子高OGが明かす「内部進学」の壮絶バトル

女優の芦田愛菜さんが「超難関」といわれる内部進学枠を突破し医学部進学が内定した、というネット記事に、ファンからは祝福や応援とともに、芸能活動休止や引退を危惧する声が。そもそも慶應女子高とは? 内部進学ってどれくらい難関なの? そして芦田さんは本当に慶應医学部へ行くの? そんな疑問から、慶應関係者ならピンとくるという「もう1つの選択肢」まで、教育・時事問題に詳しいコラムニスト・河崎環さんに教えてもらいます。

慶應女子高OGいわく「芦田さんほど優秀なら、いっそ海外でも?」

慶應から出て外部の大学を受験した方が、よほど医師になれる可能性は高いのだ。先ほどの向井千秋さんのケースに限ったことではなく、慶應の内進はそのレベルの高さ、厳しさでたくさんの有名エピソードが生まれるものでもある。慶應に満足せず、いったん内進したが仮面浪人し、東大やハーバード大などに再受験して進む学生も、毎年必ず数人は出てくる。嵐の櫻井翔さんが慶應義塾高校(塾高)から慶應が誇るブランド学部である経済学部(内部進学の条件はやはり高い)へ進んだときも、内進基準の高さを知る関係者の間では「よくぞ……」との感想が漏れるほどだった。


日本の名門私学の雄であるということは、そういうスーパー人材がゴロゴロ輩出される環境だということでもある。「同窓会などでもよく笑い話になるんです。慶應の中高って、『有閑倶楽部』と『花より男子』を足して2で割ったような、本当に漫画の世界みたいだよねって。政治家や財閥家などのVIP子弟も多いですし、芸術家や学者や超有名外科医を親に持つ子、中には本人が有名人という子もいる。文武両道、オールラウンドになんでもできて、容姿まで整っているなんて子がざらにいて、そんな中で育つから、嫉妬なんてバカバカしくてしないんですよね」(Kさん)
 

だからKさんは、「慶應らしく」こう考えるのだそうだ。「芦田愛菜ちゃんほど努力家でもともとの頭がいいお嬢さんなら、内部進学にこだわらず、外部受験して羽ばたいていけますよ。国内の医学部や医大もいいですが、彼女ほどバランスが良くてしかも自分で稼げる人なら、海外大学にだってサラッと行けるのでは。芦田愛菜ちゃん自身、小さい頃から世間にあれこれ注目されて、やりづらいことが多いかと思います。小さい頃から人前に出て活躍していると、その人生しか知らないからそういうものだと思ってしまうかもしれませんが、外野に色々言われても、世間の評価や価値観なんてコロコロ変わるから、ぜひ惑わされずに独立自尊で、自分がやりたいと思うことをやっていくのがいいんじゃないのかな。新しい時代の優れた女子なんだから、揺れて迷って、途中で進路変更してもいい、社会的影響なんて気にしなくていい。めんどくさくなったらケンブリッジでもハーバードでも行けばいいんです。行ける人なんだから(笑)」
 

ノブレス・オブリージュ、とはよく言ったもので、環境の良さや知性、教養に恵まれた人には、それゆえの社会的使命がある。芦田愛菜さんには、新しい時代の女子として自分の目指す道を自由に歩んでいってほしいと、漫画『有閑倶楽部』と聞いてリアルタイムで読んだあの頃を思い出してしまうような昔の女子たちは願うのである。


河崎 環プロフィール
コラムニスト。1973年京都生まれ神奈川育ち。慶應義塾大学総合政策学部卒。子育て、政治経済、時事、カルチャーなど幅広い分野で多くの記事やコラムを連載・執筆。欧州2カ国(スイス、英国)での暮らしを経て帰国後、Webメディア、新聞雑誌、企業オウンドメディア、政府広報誌など多数寄稿。2019年より立教大学社会学部兼任講師。著書に『女子の生き様は顔に出る』『オタク中年女子のすすめ~#40女よ大志を抱け』(いずれもプレジデント社)。


【おすすめ記事】
高校生約11.4万人が選ぶ「大学人気ランキング」 国立2位は「筑波大学」、1位は?
2022年「大学ランキング日本版」発表! 2位「東京大学」、1位は?
2021年度の医学部入試動向速報! 国公立大学医学部の人気は復活の兆し⁉
「東大女子」は好きですか?高学歴女子を白黒ジャッジしたがる世間の思惑
朝ドラファンが選ぶ! 今後NHK朝ドラで主役を演じてほしい俳優3選 天才子役に期待が集まる結果に

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が、物語の「制約」を灰原哀の「居場所」へ昇華させた傑作である5つの理由