「いま勢いのある俳優」ランキング! 1位は「横浜流星」、2位や3位は?

「TVマガ」を運営するWonderSpaceは3月28~31日、10~50代以上の男女300人を対象に「今、勢いのある俳優」に関するWebアンケートを実施。1位は横浜流星さんでした(画像出典:ドラマ公式サイト)。

ドラマ出演が途切れない、出演映画が続々と公開される……など、これからますます人気が出そうな俳優と言えば誰でしょうか?
 

「TVマガ」を運営するWonderSpaceは3月28~31日、10~50代以上の男女300人を対象に「今、勢いのある俳優」に関するWebアンケートを実施。気になるランキング結果を見ていきましょう!
 

3位:杉野遥亮さん


3位の杉野遥亮さんは、2021年放送のドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』(日本テレビ系)での好演が記憶に残っている人も多いのでは。同作は杉野さん演じる根が純粋なヤンキー男子・黒川森生と、勝ち気だけど恋には臆病な盲学校生・赤座ユキコ(杉咲花)のラブコメディー。見た目は怖いのにピュア過ぎる森生の言動がかわいい!と話題になりました。
 

回答者からは「恋です!でファンになりました。カッコいいのに可愛らしい。大柄なのにとてもキュート。髪型や服装でイメージがガラリと変わるのでいろんな役柄を見てみたいです。正直なお人柄もとても魅力的」などの声が聞かれました。
 

2位:菅田将暉さん

菅田将暉さん(画像出典:『ミステリという勿れ』公式サイト


2位にランクインしたのは、俳優でシンガーソングライターとしても活躍する菅田将暉さん。2021年には映画『花束みたいな恋をした』『キャラクター』『キネマの神様』『CUBE 一度入ったら、最後』など多数の作品に出演。2022年は、主演を務めるミステリードラマ『ミステリという勿れ』(フジテレビ系)が大ヒットするほか、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では源義経役で出演するなど引っ張りだこです。プライベートでは、女優・小松菜奈さんとの結婚を発表し、祝福の声が殺到しました!
 

選んだ理由として、「結婚をして、ますます良い仕事をしていると思う。先日の日本アカデミー賞で話題賞の俳優部門を受賞し、最近では月9ドラマやNHKの大河ドラマにも出演していて勢いがあると思ったから」などの意見が寄せられました。
 

1位:横浜流星さん

横浜流星さん(画像出典:『着飾る恋には理由があって』公式サイト


1位に選ばれたのは、横浜流星さんでした! 2021年には、シェアハウス内での胸キュンラブストーリーを描いたドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)に出演。ワケアリのミニマリスト・藤野駿役を演じていました。2022年には潜水特殊捜査部隊の活躍を描いた日曜劇場『DCU』(TBS系)に出演し、阿部寛さん演じる主人公・新名正義とバディを組む瀬能陽生役を好演。身体能力の高さを活かした演技が話題に。
 

さらに、2022年公開の映画には『嘘喰い』『流浪の月』『アキラとあきら』『線は、僕を描く』などのラインナップが並びます。今最も勢いのある若手俳優である横浜さん、2021年をしのぐ勢いの活躍が期待できそうですね!
 

ファンからは「今年は日曜劇場DCUから始まり、2月、5月、8月、10月と映画公開ですよ~!流星イヤーすぎでしょ!!」、「動の芝居も静の芝居もどちらも出来て、役によって顔つき、声も変わり同じ人がやっているようにみえないその役を生きる姿がとてもよい」などの声が届いています。


>15位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「横浜流星」出演ドラマ人気ランキング! 3位『着飾る恋には理由があって』、2位『あなたの番です』、1位は?
「横浜流星」に演じてほしい職業ランキング! 3位「医療従事者」、2位「刑事」、1位は?
女子高校生が選ぶ「なりたい顔」ランキング2022! 3位 新垣結衣、2位 浜辺美波、1位は?
男子高校生が選ぶ「なりたい顔」ランキング2022! 3位 新田真剣佑、2位 吉沢亮、1位は?



【関連リンク】
プレスリリース
TVマガ
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない