『やんごとなき一族』松本若菜の超絶早口なセリフ練習風景を動画で公開! 松本洸平は「#松本劇場」と表現

4月21日に初回放送を迎えたドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)の公式Instagramが、21日に投稿を更新。同ドラマの登場人物の中で「ひときわクセの強い人物」美保子のキャラを追求する松本若菜さんの姿を動画で公開しました。ファンからは「楽しすぎ」「最高」と絶賛する声が上がっています。

4月21日に初回放送を迎えたドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)の公式Instagramが、21日に投稿を更新。同ドラマに出演する松本若菜さんが、せりふを練習する姿を動画で公開しました。早口言葉の連続のようなせりふに苦労する松本さんの姿は、笑いと感動を呼んでいます。
 

「もっとおかわり下さい」

「現代のおとぎ話」と始まる『やんごとなき一族』。皆さん、第1話の放送は見ましたか? かわいく、真っすぐに“深山一族”に立ち向かう女主人・佐都を演じる土屋太鳳さんも印象的でしたが……。その佐都をいびり倒す、長男嫁の美保子役を演じた松本若菜さんが、話題になっています。
 

第1話から主役級の活躍を見せた美保子。「タケノコタケノコ、ニョッキッキー!」というセリフが頭の中でループして、思い出し笑いをしてしまう人も多いのでは? 番組公式アカウントは、「#松本若菜 さんも美保子のキャラを日々追求中。その姿を#松下洸平 さんはこう表現しました。「 #松本劇場 」と・・・。」とつづり、セリフを練習中の松本さんを、動画で公開しました。セリフに詰まり顔をしかめる様子や、右手を振りながら必死に練習する姿は真面目そのものなのに、美保子というキャラクターの濃さとこの早口言葉に思わず笑ってしまいます。
 

ファンたちは、「面白すぎて最高」「松本劇場」引き込まれます」「ヒール役?だけど応援したくなりました」「来週の松本劇場も楽しみ」と、絶賛の嵐です! また、「#松本劇場」というネーミングセンスの良さを褒める声のほか、「完全にツボ」「もっとおかわり下さい」と松本さんにハマる人が続出しています。
 

28日の第2話では、深山家当主・圭一(石橋凌)の愛人役として小沢真珠さんも登場します。とにかく登場人物のクセが強い“昼ドラ”感のある『やんごとなき一族』。次回放送も楽しみですね!
 


松本さんは2007年に『仮面ライダー電王』で芸能界デビュー。2009年には映画『腐女子彼女。』で初主演を務めました。その後はCMやテレビ番組、映画など女優として幅広く活躍しています。
 


>次ページ:『やんごとなき一族』と松本さんの投稿をもっと見る!
 


【おすすめ記事】
『やんごとなき一族』 初回放送でTwitterトレンド1位を獲得! タイトルバック映像も「絵になる、お二人」と話題に
土屋太鳳、松下洸平とのツーショット公開! 絶対領域あらわな衣装に「めっちゃ可愛い」「益々お綺麗」の声
土屋太鳳、アンミカとの仰天身長差ショット披露で「身長差かわいい」「それにしてもデカ」の声
土屋太鳳、濡れ髪の自撮り披露! 「水に濡れた太鳳ちゃんもセクシーですね」「超セクシーです」
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】