AKB48「卒業後、最も活躍していると思うメンバー」 2位 川栄李奈、気になる1位は?

All About編集部は、AKB48に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「AKB48グループを卒業・脱退後、活躍していると思うメンバー」の結果をランキング形式で発表します!​​​​​​​


アイドルグループ・AKB48は、これまで数々のメンバーが卒業し、次のステージへと巣立っていきました。結婚して子育てをする卒業生、俳優として活躍する卒業生、会社を立ち上げる卒業生などさまざまです。

All About編集部は全国452人の男女を対象に「AKB48に関するアンケート調査」を実施しました(調査期間:4月4~11日)。今回はその中から、「AKB48グループを卒業・脱退後、活躍していると思うメンバー」について聞いた結果をランキング形式で発表します!
 

3位:大島優子(108票)

まず、3位に入ったのは大島優子さんでした。

大島さんは2006年から2014年まで、AKB48のメンバーとして活動。卒業以降は、朝の連続小説をはじめとするドラマや映画に出演し、主に女優として活躍しています。2021年7月には、俳優の林遣都さんとの結婚も発表しました。回答者からは以下のような声が寄せられました。

「さまざまな作品に出演して大島優子らしさを確立したから(50代女性)」

「民放だけでなく、朝ドラや大河ドラマなど歴史あるドラマにも出演しているから(30代女性)」

「いろんなジャンルで安定的に実績がある。ご結婚もされて私生活も充実されている(30代女性)」
 

2位:川栄李奈(140票)

2位には、11期生の川栄李奈さんがランクイン。川栄さんは2010年から5年間に渡りAKB48に所属し、卒業後は舞台やドラマでの演技力が大きく評価されました。最近では、NHKの連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』のヒロイン役に抜擢されたことも話題となりました。

川栄さんも3位の大島さんと同様、現在は既婚者。夫の廣瀬智紀戸さんの間には、お子さんも授かりました。彼女を選んだ理由には、以下のようなコメントが挙がっています。

「CMやピクサーの映画の声優もしていて、演技も評価されているからです(10代女性)」

「川栄李奈さんこそ、一番活躍しているAKB48卒業メンバーだと思います。大河ドラマに朝ドラ、他にも民放のドラマでも多くの役をこなしていて演技力がピカイチだと思うからです(30代女性)」

「川栄李奈さんはアイドル当時の印象はほとんどなく、時々バラエティーで見るぐらいだったように思う。しかし、卒業後、女優に転身しその活躍ぶりは素晴らしい(40代男性)」
 

1位:指原莉乃(235票)

そして、見事1位となったのは指原莉乃さんでした!

AKB48には、第5期として11年間在籍。卒業後も変わらず数々のテレビ番組に出演していて、もはや「テレビで見ない日はない」と感じている方も多いのではないでしょうか。現在は主にタレントとして人気バラエティ番組に出演しているほか、コスメブランドの「Ririmew(リリミュウ)」、アイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」などのプロデュースも手がけています。そんなマルチに活動する指原には、以下のような声が集まりました。

「トーク上手で気取らないから(40代男性)」

「数々のバラエティー番組で引っ張りだこ。そして、人気のあるバラエティーばかりだから(20代女性)」

「テレビ番組にも一番出ているし、ブランドを立ち上げたり、アイドルグループを作ったり努力しているなと思うからです(20代女性)」

「ゴールデン番組の司会をやっていたり、世代を問わず認知も高く、芸能人として完全に成功していると思えるから(30代男性)」

「喋りもできて、可愛いし謙虚、努力型の最終系がさっしーだと思う。バラエティで見ない日もないくらい活躍していて、愛されるキャラクターの上、インパクトに残る喋りもできるから(20代女性)」


ちなみに4位以下は、順に前田敦子さん、高橋みなみさん、小嶋陽菜さん、野呂佳代さんと続きました。これからも、卒業生たちの活躍ぶりから目が離せません!


※回答者コメントは原文ママです


>次ページ:15位までのランキング結果


【おすすめ記事】
AKB48「歴代最強センター」ランキング! 前田敦子と大島優子、1位はどっち? 450人の男女に聞いてみた
歴代AKB48「好きな神セブン」ランキング! 2位「前田敦子」を抑え、1位に輝いたのは?
AKB48「歴代シングル曲で1番好きな曲」ランキング! 2位は『恋チュン』、1位は?
「復活してほしい女性アイドルグループ」ランキング! 「ZONE」「Kara」を抑えた1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】