ワークマンの「リラックスUVガウチョパンツ」。色はテラコッタ(画像は全て筆者撮影)


ワークマンが、2021年に発売して話題になった「リラックスUVガウチョパンツ」(以下、ガウチョパンツ)。ゆとりがあって動きやすく、使い勝手が良いパンツです。そのガウチョパンツから、新色「テラコッタ」が出ました。シックな色合いで、ちょっぴり大人向けになっています。
 

落ちついた色合いでシックな雰囲気

落ち着いたシックな色合い


ガウチョパンツの新色「テラコッタ」は、くすんだ朱色のような色です。実は最初に見た時には、春夏というよりは秋のような雰囲気だなと思ったのですが、使ってみると肌に馴染む色と分かりました。落ち着いた色合いなので、年齢的を問わず使えそうです。
 

足のラインが出にくい

足のラインが出にくい


ガウチョパンツの特長はゆったりしていること。足のラインが出にくいので、足の太さや形が気になる人でも気軽に使えます。歩くと裾に動きが出て、適度な揺れ感を楽しめますよ。
 

ただ裏地がないので、ストッキングやタイツを履いていると、足には張り付いてしまうことも。その場合には静電気防止のスプレーを使うのもよいかもしれませんね。気温が高くなってくればストッキングを使わなくなるので、足への張り付きも気にならなくなります。
 

はっ水加工で梅雨時季にも使える

撥水加工で水をはじく

撥水加工がされているので、水をはじきます。多少の雨でも安心ですし、梅雨時季にも活躍しますね。洗った後も乾燥が早いので、翌日の天気を気にせず使えそうです。
 

非常に動きやすい

ストレッチが効いていて、さらに股下が長いので動きやすい


ゆったりめのデザインで生地にストレッチ性があるので、とても動きやすいです。それから、股下が長めで腰を落とす時もスムーズですし、あぐらをかくこともできます。足を大きく動かすアウトドア活動でも問題なく使えるのではないでしょうか。
 

トイレの時はちょっと注意して

ガウチョパンツを履いている時に苦戦するのが、トイレではないでしょうか。スカートとは違うので、裾がトイレの床についてしまいそうになるのです。ワークマンのガウチョパンツも裾がつかないように確認する必要がありそうです。
 

ワークマンのガウチョパンツ、は1着1900円。色はテラコッタの他に、ペイズリー(こちらも新色)、グリーン、ブラックがあります。サイズはM、Lで身長160cmの筆者はMでちょうど良いサイズ感。これからの季節に活躍するであろうガウチョパンツ、気になる方はぜひゲットしてみてください。


【おすすめ記事】
ワークマンの人気「撥水ライトプリーツスカート」に新色ブルーグレーが登場! 梅雨時季にも活躍しそう
ワークマンで見つけた1500円の優秀エプロン! 家事中の“あるある”ストレスを解消
ワークマンの「ガウチョパンツ」が楽ちんすぎる! 風が入って涼しく、水もはじく優秀さ
ワークマンの「タウンサンダル」はルームシューズにもおすすめ! その理由とは?
ワークマンでディズニーTシャツが買える! バックプリントで、おしゃれに着こなそう!


【関連リンク】
ワークマン