ちょっと食べたいときに、ポンと口の中に入れられる一粒アイス! 1986年の発売以来、長~く愛されている江崎グリコの「アイスの実」。3月7日からは新作<濃いアーモンドミルク>が登場しました! 同社の人気商品「アーモンド効果」と同じ原材料を使っているとのこと。実際に食べてみました。
 

アーモンドミルク売上シェアNo.1の「アーモンド効果」と同じ原材料を使用


まだ日本にアーモンドの名前が知られていなかった頃から、そのおいしさと栄養価の高さに着目していたという江崎グリコ。1955年には大人向けのキャラメル「アーモンドグリコ」を、1958年には「アーモンドチョコレート」を発売しています。

また、近年注目を集める植物性ミルク市場でも、アーモンドミルクの売上シェアのトップを誇るのが同社の商品「アーモンド効果」です。
 

今回の新作「アイスの実」は、その「アーモンド効果」と同じアーモンドペースト原料を使用。
 


ペーストだけでなくアーモンドオイルも配合しており、香ばしさとなめらかさが楽しめるようになっています。

 

外側はさっぱりシャーベット、中身は濃厚アーモンドミルク!


1袋は12個入り。開けてみると乳白色のアイスの実が出てきました。着色料は不使用。アーモンドミルクそのままの色合いです。

外側は氷のコーティングがされており、中身はアーモンドミルクのアイス。「アイスの実」の他シリーズと同様、指で持ち上げてもベタつきにくい2重構造になっています。
 

1つかじってみると、最初はシャリッと軽いシャーベットの食感。さっぱりした味わいです。その後、中身のアーモンドミルクアイスにたどり着くと、スッキリした甘さとアーモンド特有の香ばしさが広がります。

以前「アーモンド効果」を飲んだときは、トロリと舌に広がる濃厚な甘さやアーモンドの香ばしさが印象にありました。こちらの「アイスの実」は凍らせている分、それよりもサラッと味わえるように思います。
 


冷凍庫から出したばかりのときはこのスッキリ感が強めですが、5分ほど置いてから食べるとグッと濃厚さが増します。中身のアーモンドアイスがさらになめらかに、ギュッと凝縮された味わいになりました。
 

時間差で印象も変化、シーン別に食べ分けるのも良さそう!


お風呂上がりなど、さっぱり食べたいときは冷凍庫から出してすぐのものを、仕事終わりや食事後のデザートなど食べごたえが欲しいときは少し置いてから……と、食べ分けるのも良さそうです。

ビタミンEと食物繊維がたっぷり入っており、おいしさだけでなく栄養も取れる「アイスの実<濃いアーモンドミルク>」。3月21日からは、同じようにアーモンドペースト原料を使った「アーモンドミルクカフェオーレ」も発売されます。

また、抽選で商品が当たる新商品キャンペーンも行われるそう。詳しくは発売後に公式サイトをチェックしてみてくださいね。


■江崎グリコ「アイスの実<濃いアーモンドミルク>」
発売日:2022年3月7日~
価格:オープン価格(税込216円前後)
キャンペーンサイト


【おすすめ記事】
ミスドに桜が咲きました! 新発売の「桜もちっとドーナツ」の味わいは?
コンビニ限定の「ミスタードーナツアイスバー」は、チョコがサクサク! クランチのザクザク感も最高
ファミマの「ホットケーキなスフレ・プリン」は、しゅわっとスフレとバターが絶妙。バタークリームなしで食べてはいけません!
無印良品の「桜スイーツ」が2022年も販売! 恒例のバウムやクッキーなど、おすすめ5選
久世福商店の「あんバター」に「濃厚タイプ」が登場! 従来の「あんバター」と何が違う?

【関連リンク】
江崎グリコ