九州圏版「借りて住みたい行政区」ランキング! 2位「福岡市中央区」、1位は?【2022年最新調査】

ライフルホームズは、同サイトの掲載物件にあった実際の問い合わせ数を集計し「2022年 LIFULL HOME’S 住みたい街ランキング」を発表。今回は、九州圏(福岡県)の「借りて住みたい行政区」TOP3です。68の行政区・自治体で最も人気だったのは?

ライフルホームズは、最新版となる「2022年 LIFULL HOME’S 住みたい街ランキング」を発表。同サイトに掲載された賃貸物件・購入物件のうち、問合せの多かった駅や地域を独自に集計したものです。調査対象期間は2021年1月1日~12月31日。
 

本記事では、九州圏(福岡県)の「借りて住みたい行政区」ランキングを紹介します。賃貸物件が登録されているの68行政区・自治体で、最も人気だったのは?
 

福岡市博多区にある「博多ポートタワー」

 

第3位:福岡市東区

3位は、「福岡市東区」でした。

2年連続で3位となった東区は、玄界灘を大きく取り囲むように伸びた半島が特徴的な地域です。博多区と並び、福岡市東側の居住ニーズを支えています。「買って住みたい行政区」ランキングでも3位を獲得しており、福岡市の新しいベッドタウンとして近年注目が集まってきています。
 

第2位:福岡市中央区

2位には、「福岡市中央区」がランクイン。

九州最大の都市「福岡市」の中心地であると同時に、西日本では大阪市や神戸市に次ぐ事業集積地です。賃貸ニーズも非常に高く、関西圏や首都圏からの移住も活発なエリアとなっています。「借りて住みたい」は賃貸ニーズのランキングなため2位という結果でしたが、「買って住みたい」では1位を獲得しています。
 
九州圏「2022年 借りて住みたい行政区」TOP3(プレスリリース画像より抜粋)
九州圏「2022年 借りて住みたい行政区」TOP3(プレスリリース画像より抜粋)

 

第1位:福岡市博多区

1位は、「福岡市博多区」が獲得。

博多駅や福岡空港、博多港を擁しており、陸海空の多様な交通インフラが魅力の街です。極めて高い交通利便性と生活利便性によって、人の往来も活発です。JR博多シティ/アミュプラザ博多、キャナルシティ博多といった多彩な商業施設とビジネス街の存在も大きな要因となっています。

九州圏は順位が若干異なるものの、TOP3は「買って住みたい行政区」と同じ結果でした。4位以下を見ても、福岡市内へのニーズが高く、8位まで2021年調査から変動なしとなっています。


>10位までの全ランキング結果を見る



【おすすめ記事】
九州圏「買って住みたい行政区」ランキング! 2位 福岡市博多区、4年連続の1位は? 【2022年最新版】
九州圏「2022年 買って住みたい街」ランキング! 3位 竹下、2位 西鉄平尾、初の1位を獲得したのは?
九州圏の「借りて住みたい街(駅)」ランキング! 3位「高宮」、2位「西鉄平尾」、1位は4年連続の?
九州圏の「借りて住みたい行政区」ランキング! 3位「福岡市東区」、2位「福岡市中央区」、1位は?


【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない