「クリスタルガイザー」(画像出典:Amazon)


大塚食品は1月31日、4月1日より「クリスタルガイザー」の500ml・700mlの2商品を値上げすると発表しました。同商品の価格改定は2014年以来、約8年ぶりとなります。
 

最大20円の値上げ。その理由とは?

価格改定の対象商品(画像出典:プレスリリース)


対象商品は、「クリスタルガイザー アルパインスプリングウォーター」の500mlと700mlのペットボトル。これまでどちらも希望小売価格100円(税別)で販売されていましたが、4月1日以降は500mlが110円(税別)、700ml が120円(税別)となり、10~20円の値上がりとなります。
 

今回の価格改定の理由として、これまで生産性の向上、物流の合理化、諸費用の削減など、さまざまな企業努力と経営の合理化に努めてきたものの、昨今の原材料価格の高騰や、物流コストの上昇により現在の価格体系を維持することが困難になったと、同社は回答しています。

 

【おすすめ記事】
日清食品「カップヌードル」「チキンラーメン」など、6月より価格改定へ。最大12%の値上げに
「うまい棒」1本10円から“12円”に! 4月出荷分から、42年目で初の値上げ
サントリー、ウイスキー「白州」「山崎」などを最大28%値上げ 2022年4月から
ミスド、33商品を1個10円程度の値上げ 2022年3月から
すき家が最大70円の値上げを発表、牛丼「並盛」は400円

 

【関連リンク】
プレスリリース