日清食品「カップヌードル」を21円値上げ 「チキンラーメン」など約180品目が5~12%アップ

日清食品は2月3日、即席袋麺、即席カップ麺、即席カップライス、即席カップスープの製品価格を、6月1日出荷分から値上げすることを発表。価格改定率はメーカー希望小売価格の5~12%アップになるとのことです。

「カップヌードル」(画像提供:日清食品)


日清食品は2月3日、「カップヌードル」や「チキンラーメン」などの希望小売価格を、6月1日出荷分より5~12%値上げすると発表しました。
 

即席袋麺、即席カップ麺、即席カップライス、即席カップスープなど約180品目が対象。同社が主力商品の価格改定を実施するのは、約3年ぶりとなります。
 

「カップヌードル」は21円値上げ

価格改定となる対象商品(画像出典:プレスリリース)
 

価格改定の主な商品は「チキンラーメン」「カップヌードル」「日清のどん兵衛」「日清焼そばU.F.O.」などの各人気シリーズ。改定率は、メーカー希望小売価格から5~12%となります。
 

例えば「カップヌードル」や「日清のどん兵衛」(※ともにレギュラーサイズ)の場合、希望小売価格193円が214円で21円の値上げに。即席麺の「チキンラーメン」「出前一丁」(※各5食パック)の場合、希望小売価格555円が615円で60円の値上げになります。※価格はすべて税別
 

「チキンラーメン」※5食パック(画像提供:日清食品)


同社は「価格改定の背景として小麦の価格が大幅に高騰や、資材価格・エネルギー費に加え、物流コストの上昇により、自助努力だけではコスト増を吸収できない状況となったため」と説明しています。

 

【おすすめ記事】
「クリスタルガイザー」8年ぶりの価格改定、対象は500ml/700mlボトルで、最大20円の値上げ
「うまい棒」1本10円から“12円”に! 4月出荷分から、42年目で初の値上げ
サントリー、ウイスキー「白州」「山崎」などを最大28%値上げ 2022年4月から
ミスド、33商品を1個10円程度の値上げ 2022年3月から
すき家が最大70円の値上げを発表、牛丼「並盛」は400円
 

【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が、物語の「制約」を灰原哀の「居場所」へ昇華させた傑作である5つの理由