ワークマン「裏シャギーアームウォーマー」の使い勝手をレビュー! デスクワークにもおすすめ

まだまだ寒さが続く中、手首の保温のためにアームウォーマーを使う人もたくさんいることでしょう。ワークマンの「裏シャギーアームウォーマー」を使ってみたので、早速レビューします!

ワークマンの「裏シャギーアームウォーマー」(画像は全て筆者撮影)


まだまだ寒さが続く中、手首の保温のためにアームウォーマーを使う人もたくさんいることでしょう。筆者も例外ではなく、水仕事をするとき以外はほぼほぼ1日中着けています。今回はワークマンの「裏シャギーアームウォーマー」を使ってみたので、早速レビューします!
 

さらっとした生地感

生地はさらっとしている


ワークマンの「裏シャギーアームウォーマー」は、表面がつるりんとした感触になっています。ポリエステルやポリウレタンが使われていることもあり、ニットや綿の素材とは違います。
 

撥水性はあまりない


水はそれほどはじきませんでした。水仕事のときには外したほうが良さそうです。
 

裏地は毛布のよう

裏地はふわふわしていて毛布のよう


裏地はふわふわしています。毛布のような肌触りでひんやり感もなく、着けた瞬間から暖かさを感じます。静電気が起きるかなと思ったのですが、筆者の場合にはパチっとなったことはありません。
 

腕全体はカバーしない

長さは腕の半分くらい


「裏シャギーアームウォーマー」は短めなので、腕全体をカバーするのは難しそうです。腕の半分程度でしょうか。でも冬場は長袖を着るので、特に暖めたいのは手首部分。その部分はしっかりとカバーできます。手首部分で縮めることもないので、ボリュームが出ずにすっきりと着けられます。
 

すっきりした厚みで、デスクワークに最適

パソコンのキーも打ちやすい


筆者はパソコンを使って仕事をしているため、キーボードを叩くときにアームウォーマーが邪魔にならないことが絶対条件になってきます。生地が厚いアームウォーマーの場合には、ボリュームが出てしまってキーボードが打ちにくくなることもあります。その点、ワークマンの「裏シャギーアームウォーマー」はそれほど厚みがないので、キーボードに触れることもなく快適に文字を打つことができています。
 

親指の穴が広すぎない

親指の穴がジャストフィット

アームウォーマーは親指部分の穴が大きいとスースーと冷たい空気が入ってきてしまうのですが、「裏シャギーアームウォーマー」は親指にしっかりフィットしています。そのため隙間から入ってくる冷気に悩まされることもありません。
 
指に近い部分も比較的フィット

また指先に近い部分も比較的ピタッと閉じます。締め付けるわけではなく、程よいフィット感があります。
 

上から手袋ができる

上からグローブをはめられる


「裏シャギーアームウォーマー」の上から、ワークマンの「FLEECE GLOVE(フリースグローブ) 1双」をはめることができました。ウォーキングを日課にしている筆者は、防寒対策にも必死です。
 

参考記事:ワークマンの「フリースグローブ」は散歩にガンガン使える! 3つのおすすめポイントは?
 

手首部分の隙間が埋まる


アウターの袖はゴム入りで比較的フィットはしますが、隙間ができてしまうことも。そんなときこそ「裏シャギーアームウォーマー」の出番で、これをはめることで隙間が埋まります。手首を暖めながら、アウターの隙間からの冷気の侵入も防げるというわけです。
 

男女兼用のフリーサイズ

価格は299円(税込)。生地が伸びるので、男女兼用でフリーサイズです。手首部分にボリュームが出ないアームウォーマーとして使ってみても良さそうです。



【おすすめ記事】
デスクワークの寒さ対策はこれ! ワークマンのダウン風「レッグウォーマー」の使い勝手をレビュー
ワークマンの「裏フリースダウン風スリッポン」は室内でも大活躍!
ワークマンの「レディースストレッチライトパンツ」は寒がりさんにこそ使って欲しい。その理由とは
ワークマンの「裏アルミカーディガン」は、汗をかくほどの保温力。真冬の必需品になる予感
ワークマンのデニム風スカートが抜群の使いやすさ! 色違いでほしくなる4つの理由
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】