SMBCコンシューマーファイナンスは1月13日、「20代の金銭感覚についての意識調査2022」を発表しました。20〜29歳の男女1000人を対象に、月々のお小遣いや貯蓄額、マネーリテラシーまで、お金に関するさまざまな調査を実施し、その結果をまとめたものです。

本記事では主に、20代のお小遣いや貯蓄額、将来への蓄えに関する調査結果を紹介します。
 

毎月のお小遣い額平均3万2560円、約4人に1人は「1万円以下」と回答

毎月のお小遣い額(自由に使えるお金)を聞いたところ、最も多かったのは「1万円以下」で25.3%、次いで「1万円超〜2万円以下」が19.3%、3位「4万円超〜5万円以下」が17.3%でした。また、僅差で「2万円超〜3万円以下」も17.0%という結果に。全体の平均は3万2560円、前回調査(2020年)から3162円増でした。
 
「毎月のお小遣い額(分布)」(プレスリリース画像より)
「毎月のお小遣い額(分布)」(プレスリリース画像より)

婚姻状況別で見ると、未婚の場合は男性平均3万2678円、女性平均3万6805円だったのに対し、既婚になると男性平均2万9440円、女性平均2万1075円となっており、対照的な結果となっています。
 
婚姻別の毎月のお小遣い額(プレスリリース画像より)
​​​​​​「婚姻状況別の毎月のお小遣い額」(プレスリリース画像より)
 

貯蓄額平均は68万円、全体の14%が「なし」と回答

調査時点での貯蓄状況を聞いたところ、全体の平均は68万円で前回調査より4万円減となっています。分布を見ると、1位「50万円以下」が44.7%、2位「50万円超〜100万円以下」が16.3%、3位「0円」が14.0%でした。
 
「調査時点での貯蓄額の分布」(プレスリリース画像より)
「調査時点での貯蓄額の分布」(プレスリリース画像より)

20代の7割以上が貯蓄100万円以下、うち約7人に1人が貯金なし、約10人に1人は貯蓄額300万円以上という結果に。

婚姻状況別で見ると、未婚グループは前回調査の61万円から1万円減少にとどまっています。一方、既婚グループは126万円から105万円と、大幅な減少となりました。
 
「調査時点での貯蓄額について」(プレスリリース画像より)
「調査時点での貯蓄額について」(プレスリリース画像より)
 



>>次ページ:リタイア時に安心できる貯蓄額平均は2322万円、男女の貯蓄傾向の違いは?





【おすすめ記事】
1112人に聞いた「世帯別貯蓄額」調査、「300万円未満」が30%! 最も多かった金額帯は?
「貯蓄600万円以上」の20~30代女性は20.6%! 「貯蓄10万円未満」「貯蓄ゼロ」の割合は?
47都道府県「お金自慢」ランキング! 現在の貯蓄額、1カ月の平均おこづかい額が1位だった都道府県は?
「お金」が恐ろしいスピードで消えていく……! 受験直前、親たちの奮闘エピソード