2021年末の「紅白歌合戦」、正直どうだった……? 「分け隔てなく平等な演出」に賛否両論

2021年末に放送された「第72回NHK紅白歌合戦」について、全国500人にアンケート調査を実施しました(調査期間:2021年1月6~11日)。500人中「紅白」を見た347人に聞いた率直な感想と、次回2022年末の紅白歌合戦に期待することを聞きました。

All About編集部では、2021年末に放送された「第72回NHK紅白歌合戦」について、全国の男女500人を対象にアンケート調査を実施しました。今回は、紅白を見た人の率直な感想と、次回の2022年末の紅白歌合戦に期待することを聞きました。
 

「紅白」に満足! 藤井風、YOASOBI……はやりのアーティストに反響

「第72回NHK紅白歌合戦」の内容に満足していますか?
2021年末の「第72回NHK紅白歌合戦」を見た347人中「満足だった」と回答した人は53.9%でした。

回答者からは、「好きなアーティストのパフォーマンスを見ることができたため(20代女性)」「好きなアーティストや、普段テレビでは見かけないアーティストや初登場のアーティストも見れたので(40代女性)」「流行りのアーティストが沢山出ていてよかった(20代男性)」など、出演者に関する声が目立ちました。

具体的には、「藤井風と大トリのMISIAが良かったので(30代女性)」「藤井風、Ado、YOASOBIなど、好きなアーティストや今まで名前しか知らなかった方の曲が聞けた(40代女性)」「ボカロ曲の歌い手さんの出演やサプライズ演出が楽しかった(40代女性)」などのコメントが寄せられました。
 

「分け隔てなく平等な演出」に好感を持った人も

今回は、会場もNHKホールではなく東京国際フォーラムをメイン会場として行うなど、今までとは違った演出や番組構成が見られました。

構成についても「ただ歌を歌っているのではなく、いろいろな場所からの中継があり、また、プロジェクションマッピングなども駆使して、迫力ある映像を見せていました。また、赤組・白組の区別なく応援していたのも好感が持てました。時代ですかね(60代男性)」「構成も簡素化されて、コロナ対策が感じられる演出だったから(20代女性)」「LGBTQの人や障害者の方など、みんな分け隔てなく平等に扱ってるのが見てて素敵だったし、個人的に嬉しかった(20代女性)」などのコメントが寄せられました。
 

「好きなアーティスト・大物が少なかった」……不満だった人の本音は?

一方、「満足しなかった」と回答した17.0%の人からは、「知名度に疑問のある歌手が多いから(20代男性)」「アイドルや話題性で人選がされていて、本当に歌唱力のある人や大物の出演が少ない気がした(20代女性)」「好きなアーティストが少なかったため。演歌の人とJーpopの人を半々にしてバランスをとってほしい(20代男性)」「あまり知っているアーティストがいなかった(20代男性)」など、やはり出演者に対するコメントが目立ちました。

また、「SDGsを煽りたいという点が目立って不愉快でした(30代女性)」「所々でストーリー仕立てになっていてそれが全然面白くなかった(20代女性)」「説教じみた企画が目に余るため(20代男性)」など、テーマを持たせた構成に違和感を覚えた人もいたようです。


>(次ページ)2022年の紅白歌合戦に期待することは?


【おすすめ記事】
紅白歌合戦、2021年の「紅組」で良かった出演者ランキング! 3位「YOASOBI」、2位「LiSA」、1位は?
紅白歌合戦、2021年の「白組」で良かった出演者ランキング! 3位「郷ひろみ」、2位「まふまふ」、1位は?
2000年以降の紅白歌合戦で感動した「大トリ歌手」ランキング! 「嵐」「ゆず」を抑えた1位は?
まふまふ、藤井風も……347人が選ぶ「NHK紅白歌合戦」初出場で良かったアーティスト3選!
500人に聞いた、紅白歌合戦で印象に残っている「白組司会者」ランキング! 2位は「櫻井翔」、1位は?

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】