紅白歌合戦、2021年の「紅組」で良かった出演者ランキング! 3位「YOASOBI」、2位「LiSA」、1位は?

All About編集部は「NHK紅白歌合戦」についてアンケート調査を実施。「第72回NHK紅白歌合戦」を観たと回答した347人が選ぶ「紅組」で良かったアーティストTOP3を紹介します。

年末の風物詩の1つ「NHK紅白歌合戦」。皆さんは観ましたか?
 

All About編集部は1月6~11日、2021年末に放送された「第72回NHK紅白歌合戦」についてアンケート調査を実施。500人から回答を得ました。今回はその中から、紅白を観たと回答した347人が選ぶ「紅組」で良かったアーティスト人気ランキングを紹介します!
 

第3位:YOASOBI(33人)


3位にランクインしたのは、2020年に『夜に駆ける』で初出場、同年に大ブレークし、トップアーティストの仲間入りをしたYOASOBIでした。2021年の紅白では、前半に小学生ユニット・ミドリーズと共演し、SDGs番組のテーマソング『ツバメ』を披露。後半では、オーケストラとダンサーたちと一体となり、『群青』を熱唱。最後は歌詞を変えて「ありのままの……かけがいのないみんなだ~!」と絶叫し、多くの人に感動を届けました。
 

回答者からは、「ikuraさんの言葉に鳥肌がたった」「YOASOBIの楽曲が好きだから」「コーラスにダンスにと迫力があった」などの声が多く聞かれました。
 

第2位:LiSA(49人)


2位は、大ヒットアニメ『鬼滅の刃』のタイアップソング『紅蓮華』『炎』などで、その名を日本中に広めたアーティスト、LiSAさんが選ばれました。2021年の紅白ではアニメ『「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌『明け星』をトップバッターとして熱唱。幻想的で切ない曲調と和装風の衣装がマッチしたパフォーマンスに、多くの注目が集まり話題となりました。さらに東京都交響楽団による生演奏で『炎』も披露しました。
 

「トップバッターの重圧も感じさせない、力強さだった」「歌が上手、見ていて迫力があり、衣装も華やかで素晴らしかった」「バックに流れた鬼滅の刃無限列車編の映像が良かった」などの回答が見られました。
 

第1位:MISIA(71人)


そして堂々の1位に選ばれたのは、2020年に引き続き2021年も大トリを務めた、MISIAさんでした! 2021年はピンク色のドレスに身を包み、『明日へ 2021』と題した特別バージョンを圧巻の歌唱力で歌い上げました。さらに2度目のサプライズ登場をした藤井風さんのピアノ伴奏で、『Higher Love』をパワフルな歌声で披露。日本を代表するアーティストとして、その素晴らしい歌声を絶賛する声が多数寄せられました。
 

回答では、「MISIAさんの迫力ある歌声に鳥肌が立ったからです。さすがMISIAさんだなと思いました」「〆にふさわしい歌唱力、藤井さんとのコラボが最高に感動しました」「あんなに心を揺さぶられるほどの歌声を聞いたことがないから」「MISIAを超える歌手は今の日本にはいないと思う」などのコメントが挙げられました。
 


>20位までの全ランキング結果を見る



【おすすめ記事】
紅白歌合戦で印象に残っている「紅組司会者」ランキング!「二階堂ふみ」を抑えた1位は?
紅白歌合戦で印象に残っている「白組司会者」ランキング! 2位は「櫻井翔」、1位は?
紅白歌合戦で感動した「大トリ歌手」ランキング! 「嵐」「ゆず」を抑えた1位は?
紅白歌合戦に出演してほしいアイドルグループ! 「NiziU」「Perfume」を抑えた1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    佐久間大介“怪演”の映画『マッチング』が描く恐怖とは。同日公開ミステリー・サスペンス映画3作の魅力

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」