2022年は3連休が合計9回! ゴールデンウィークは最大10連休も実現可能

2022年は国民の祝日と土日の兼ね合いで3連休が9回。GWは最大10連休となるところも。お盆休み直前の8月11日や9月の2週連続3連休、10月、11月と祝日が続く時期もあります。祝日がまったくない時期は5月8日のGW明けから7月18日の約2カ月半です。

2022年は、土日を含んだ3連休が年間で9回予定されており、旅行や休養といった計画が立てやすい年になっています。有休なども合わせて活用するとさらに連休を満喫できそうです。

内閣府が発表した「令和4年(2022年)の国民の祝日」を見ながら、整理してみましょう。
 

2022年は、土日を含んだ3連休が9回

「令和4年(2022年)の国民の祝日」に記載されている祝日は、1月1日と10日、2月11日と23日、3月21日、4月29日、5月3〜5日、7月18日、8月11日、9月19日と23日、10月10日、11月3日、11月23日。
 
「令和4年(2022年)の国民の祝日」(内閣府公式サイトより引用)

このうち、土日も含めた3連休になっているのは、1月10日(月)、2月11日(金)、3月21日(月)、4月29日(金)、7月18日(月)、9月19日(月)、23日(金)、10月10日(月)、そして5月3〜5日の合計9回です。
 

GWは最大10連休、お盆休みや秋も連休が続く

ゴールデンウィークは4月29日(金)から始まる3連休と5月3〜5日の連休の間にある5月2日を休みにすることで7連休、5月6日(金)も休みになると、4月29〜5月8日で最大10連休となる職場もあるかもしれません。
 
GWとお盆休みの連休
GWとお盆休みの連休

お盆休み直前の「山の日」は8月11日(木)のため、こちらも有給を活用し連休を作りやすいタイミングです。

その他では、9月17〜19日と23〜25日で3連休が2週続きます。翌月の10月10日(月)は体育の日、さらに翌月の11月3日(木)は文化の日と、祝日が2週おきにやってくるところもあり、短期から長期まで休暇が取りやすい年でしょう。
 
9月から10月、11月の連休
9月から10月、11月の連休

一方、最もお休みが少ない時期は、5月8日のゴールデンウィーク明けから7月18日の約2カ月半となっています。


【おすすめ記事】
全国約55万人が「2022年に期待すること」! 4年に1度の祭典、あのテーマパークオープンも!
「祝日がない」のに「文句」は出ない! よく耳にする「トヨタカレンダー」って何?
8月11日は「山の日」!8月11日が祝日になった理由とは?
2021年に発見したコンビニグルメランキングTOP3!グルメライターが新感覚飲料から長期保存食まで厳選!

【関連リンク】
「国民の祝日」について(内閣府)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」