兄だったらうれしい芸能人3選! 大泉洋、西島秀俊など頼りがいのある男性芸能人に妄想集まる

All About編集部では11月5~30日の間、116人を対象に「兄だったらうれしい芸能人」についてのアンケートを実施しました。選ばれたのは、小栗旬さん、西島秀俊さん、大泉洋さん。それぞれ選ばれた理由は?

All About編集部では11月5~30日の間、116人を対象に「兄だったらうれしい芸能人」についてのアンケートを実施しました。本記事では、特に人気の高かった芸能人3人を紹介していきます。誰が選ばれたのでしょうか?
 

1:小栗旬さん(11票)

画像:Amazonより

兄だったらうれしい芸能人に選ばれた1人目は、俳優の小栗旬さんでした。

小栗さんは、1994年に子役として活動を開始。その後、ドラマ『ごくせん』(2002年)への出演や『花より男子』シリーズの花沢類役を演じ大ブレイク。最近でも、ドラマ『日本沈没ー希望のひとー』(2021年)で主役を演じるなど大活躍中です。

アンケート回答者からは、「優しくて包容力がありそう(40代女性)」や「CMでも兄のイメージもあり頼り甲斐のあるお兄ちゃんになりそうだからです(30代女性)」など、優しくて頼もしいイメージがあるといった回答がほとんどでした。
 

2:西島秀俊さん(4票)

兄だったらうれしい芸能人2人目は、俳優の西島秀俊さんでした。

西島さんは、1992年のドラマ『はぐれ刑事純情派5』で俳優デビュー。その後、ドラマ『チーム・バチスタ』シリーズへの出演、『MOZU』シリーズで主役を演じるなど徐々に人気を獲得し、最近では2019年に放送されたドラマ『きのう何食べた?』が大ヒット。劇場版も制作されました。

アンケート回答者からは、「優しそうで頼りになりそう(30代女性)」や「落ち着いたところ、笑顔の可愛さ(30代女性)」など、優しいだけではなく頼りになりそうといった意見が上がりました。
 

3:大泉洋さん(4票)

兄だったらうれしい芸能人3人目は、俳優の大泉洋さんでした。

演劇ユニット『TEAM NACS』のメンバーとしても活躍する大泉さんは、1995年に芸能活動を開始し、バラエティ番組『水曜どうでしょう』シリーズでブレイク。俳優としても、2005年のドラマ『救命病棟24時』(第3シリーズ)や『ハケンの品格』シリーズなどに出演し人気を獲得しています。

アンケート回答者からは、「面白いし頼りがいがありそうだから(40代女性)」や「辛い時に突拍子のない方法で励ましてくれそうだからです(40代女性)」など、明るいイメージのある大泉さんだからこそ、兄だったら楽しそう、元気づけてくれそうといった意見が多数ありました。


【おすすめ記事】
姉だったらうれしい芸能人3選! 「50過ぎてあの若さとかわいらしさ」選ばれた女優とその理由は……?
妹にしたい芸能人3選! 橋本環奈、広瀬すず、浜辺美波……「一緒に出かけたい」愛嬌最強の女優が集結
弟にしたい芸能人3選! 神木隆之介、平野紫耀……「かわいすぎ」「癒やされたい」の声多数
この顔になりたい! 女性芸能人3選 橋本環奈、新垣結衣など美しすぎる女優に羨望の声!
この顔になりたい! 男性芸能人4選 佐藤健、竹野内豊、平野紫耀、もう一人は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」