この顔になりたい! 男性芸能人4選 佐藤健、竹野内豊、平野紫耀、もう一人は?

All About編集部では11月5~30日の間、116人を対象に「『この顔になりたい』と思う男性芸能人」についてのアンケートを実施しました。選ばれたのは、吉沢亮さん、平野紫耀さん、竹野内豊さん、佐藤健さん。それぞれ選ばれた理由とは?

今回All About編集部では11月5~30日の間、116人を対象に「『この顔になりたい』と思う男性芸能人」についてのアンケートを実施しました。本記事では、特に人気の高かった男性芸能人4人を紹介していきます。票が分かれる中、複数の人から支持されたのは誰だったのでしょうか?
 

1:吉沢亮さん(11票)

画像:Amazonより

この顔になりたい芸能人1人目は、俳優の吉沢亮さんでした。

吉沢さんは、2009年『アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン』でRight-on賞を受賞し芸能界入り。2010年に俳優デビュー後、2019年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演し大ブレイク。映画『銀魂』シリーズや『東京リベンジャーズ』(2021)などさまざまな漫画原作の人気作品に出演。現在は、NHK大河ドラマ『青天を衝け』(2021)で主役を演じています。

アンケート回答者からは、「眼差しに艶めいた色気があり、素敵だと思う(30代女性)」や「芸術品のようにきれいな顔立ちだから(30代女性)」など、その美しすぎる顔になりたい!という意見が多数見られました。
 

2:平野紫耀さん(11票)

この顔になりたい芸能人2人目は、歌手・俳優として活躍する平野紫耀(King & Prince)さんでした。

平野さんは、ジャニーズの大人気グループ・King & Princeのメンバー。俳優としても映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』シリーズで主演を務めるなど大人気です。

アンケート回答者からは、「あんな整った顔になって、モテモテになってみたい(30代女性)」や「愛らしいのにかっこいい所が素敵なので(30代女性)」など、格好良さだけではなく、かわいさも兼ね備える平野さんに憧れる声が多数でした。
 

3:竹野内豊さん(5票)

この顔になりたい芸能人3人目は、俳優の竹野内豊さんでした。

竹野内さんは、1989年に男性ファッション雑誌『MEN'S NON-NO』の読者モデルとして芸能界入り。1994年に俳優デビューすると、ドラマ『ビーチボーイズ』(1997)や『真夏のメリークリスマス』(2000)など数々の大ヒットドラマに出演。最近では、ドラマ『イチケイのカラス』(2021)で主役を演じ、そのクールな演技で存在感を見せつけています。

アンケート回答者からは、「ビーチボーイズに出ていた若い頃もイケメンですが、大人になった今もイケメンで渋くて男らしいから。なかなかいないから(30代女性)」や「若い頃も渋いイケメンだったし、今も綺麗に年取っていってるし多分人生のどの時点を切り取ってもイケメンなんだろうなと思うから(40代男性)」など、年齢を感じさせない格好良さがうらやましいという声が多く上がりました。
 

4:佐藤健さん(5票)

この顔になりたい芸能人4人目は、俳優の佐藤健さんでした。

佐藤さんは、2006年のドラマ『プリンセス・プリンセスD』で俳優デビュー後、『仮面ライダー電王』(2007)でドラマ初主演。その後は大ヒットドラマ『ROOKIES』(2008)やNHK大河ドラマ『龍馬伝』(2010)に出演。最近でも、映画『るろうに剣心』シリーズで主役を務めるなど大活躍中です。

アンケート回答者からは、「クールだけど笑うとくしゃっとした笑顔になるギャップが良いからです(40代女性)」や「別に佐藤さんのことが好きではなくても、タイプではなくても、それでも『この人はすごいイケメンだ』と誰もが納得する綺麗な顔をしています。あの顔ならどんな服もどんな髪型も似合うでしょう。あの顔になって、女の子にキャーキャー言われたいです(30代女性)」など、佐藤さんのようなきれいな顔立ちになりたい!といった声が上がりました。


【おすすめ記事】
この顔になりたい! 女性芸能人3選 橋本環奈、新垣結衣など美しすぎる女優に羨望の声!
妹にしたい芸能人3選! 橋本環奈、広瀬すず、浜辺美波……「一緒に出かけたい」愛嬌最強の女優が集結
弟にしたい芸能人3選! 神木隆之介、平野紫耀……「かわいすぎ」「癒やされたい」の声多数
姉だったらうれしい芸能人3選! 「50過ぎてあの若さとかわいらしさ」選ばれた女優とその理由は……?
兄だったらうれしい芸能人3選! 大泉洋、西島秀俊など頼りがいのある男性芸能人に妄想集まる
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」