2021年の全国平均年収は403万円! 過去5年間で15万円減少、職種別・業種別・都道府県別の年収1位は?

デューダが公開した「2021年の平均年収ランキング」によると、2021年の全国平均は403万円、5年間で15万円減、職種別1位は「投資銀行業務」で903万円、業種別1位は「投信/投資顧問」で662万円という結果になりました。

転職サイト「doda(デューダ)」は12月13日、2021年の平均年収ランキングを公開しました。

2020年9月〜2021年8月の間にデューダサイトに登録した正社員約45万人を対象に、職種や業種、年齢、性別、都道府県といったさまざまなデータを集計。項目ごとにランキング形式でまとめています。
 

2021年の全国平均年収は「403万円」、2017年から15万円減少

調査によると、2021年全体の平均年収は「403万円」と判明。2017年から2021年までの5年間の推移は全体で15万円減、2020年と比べると6万円減でした。
 

5年間の推移を男女別で見ると、男性は10万円減、女性は6万円減。年間で2〜3万円ずつ減少していることがわかりました。
 

職種別ランキング、1位は「投資銀行業務」で903万円

2021年に絞って見ていきましょう。職種別の平均年収ランキングは、1位「投資銀行業務」(903万円)、2位「運用(ファンドマネジャー/ディーラー)」(744万円)、3位「MR(営業系)」(713万円)という結果に。
 
その他、2020年から大きく順位を上げた職種には「非臨床研究」(539万円)が44位から26位、「バックオフィス/ミドルオフィス」(512万円)が48位から36位などがあります。また1位の「投資銀行業務」は、819万円から84万円アップです。
 

業種別ランキング、1位は「投信/投資顧問」で662万円、ゲーム業界や住宅ローンなども躍進

業種別ランキングを見ると、1位は「投信/投資顧問」(662万円)、2位「たばこ」(652万円)、3位「医薬品メーカー」(628万円)でした。
 
TOP3の「金融」「メーカー」「メディカル」は、5位「財務/会計アドバイザリー(FAS)」を除くTOP10すべてにランクインしている業種です。その他の業種では、「ゲーム/アミューズメント機器メーカー」(490万円)が39位から17位、「住宅ローン」(472万円)が46位から20位と大きく順位を伸ばしています。
 

都道府県別ランキングTOP3はすべて首都圏に集中

都道府県別の平均年収ランキングは、1位「東京都」(438万円)、2位「神奈川県」(422万円)、3位「千葉県」(408万円)という結果となっています。
 

>次ページ:職種別・業種別50位までのランキング結果、全47都道府県年収ランキング


【おすすめ記事】
働く女性500人調査「2021年の冬ボーナス支給額」平均は35万円、3割が「減少した」と回答、使い道は?
正社員の平均初年度年収が高い業種、3位は「不動産・建設・設備」492万、2位は「IT・通信・インターネット」505万、1位は?
「女性が恋人に求める年収」が判明! 3位「301~450万円」、2位「601~800万円」、1位は?
3000人に聞いた「2021年の冬のボーナスの使い道」8年連続で「貯金」が1位、支給額と貯蓄に回す金額は?

【関連リンク】
パーソルキャリア
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応